ページトップへもどる

HOME > 脳卒中 > 100の質問 > 質問80:レクリエーション療法で脳卒中後の生活スキルは身に付きますか?

2019.02.25 脳卒中

質問80:レクリエーション療法で脳卒中後の生活スキルは身に付きますか?

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FB い い ね メルマガ登録

 

質問80:レクリエーション療法で脳卒中後の生活スキルを身に着ける?

 

 

専門家からの回答

 

 

レクリエーションは、毎日の理学療法、作業療法、または言語療法に含まれていませんが、レクリエーションはリハビリプロセスの一部になることができます。

 

ゲームをしている時、もし負けたとしてもそれはそれ程大きな事ではありません。人が楽しい時間を過ごす時は、人は能動的に活動している可能性が高いと思われます。

 

レクリエーション療法は、グループ活動、歌、ゲームそして地域の外出を通して社会に参加する機会を提供します。レクリエーションの中で社会化を学習し再獲得していきます。

 

 

人生ゲームのようなゲームを使って、麻痺手での細かい握り、物の移動、カードのめくり方などの運動制御を学ぶこ とができます。また、「ゲームをどこで行うか?」「ゲームをする場所のスペースを確保するには?」「どのタイミングで取り、作戦を立て、勝ち負けにどう反応するか?」など認知機能を活性する目的でゲームを使用することができます。

 

レクリエーション療法でセラピストの難しい面は、単にゲームをするのではなく、 これらの活動・ゲームまたは屋外活動を通して、実生活のスキルを磨いていくサポートを個々人に合わせすることです。ただ楽しいだけでなく、何故そのゲームや活動を選ぶのか目的・目標も重要となります。

 

 

 

その他の質問100はこちらから

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み