ページトップへもどる

HOME > 脳卒中 > 100の質問 > 質問49:テクノロジーの進歩は脳卒中後の失語症の方々をどのようにサポートしますか?

2019.01.08 脳卒中

質問49:テクノロジーの進歩は脳卒中後の失語症の方々をどのようにサポートしますか?

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

質問49:テクノロジーの進歩は脳卒中後の失語症の方々をどのようにサポートしますか?

 

 

専門家からの回答

 

ここ数年で、アプリが爆発的に増加し、失語症に利用できるものも増えました。例えば、レストランで注文する時やコミュニティ活動を行う際に、メッセージの保存の作成または使用するツールがいくつかあります。それは人との対話をサポートします。

 

 

多くのソフトウェアプログラムやアプリでは、単語の理解表出・読み書きなどドリル作業のものがあります。これらは個々の障害に応じて特定のスキルを練習することをサポートします。

 

しかし、様々な便利なアプリがありますが、それを利用して家族や他の人たちと会話を簡単に済ませる事に慣れてはいけません。便利な技術を使う際に気を付けたい部分です。

 

 

良いアプリを選んで言葉のゲームにはまってみませんか?言語訓練にもなりますし、最新の技術を使用できるということ自体が、今後の生活に役立っていきます。

 

 

テクノロジーは、3つの方法で脳卒中後の失語症の方をサポートすることができます。

 

それは『繋ぐ』『コミュニケーション』そして『訓練』です。

 

『繋ぐ』

電話は遠くの人と話すことを可能としますが、Skype・FaceTimeまたはGoogleを介したビデオチャットではジェスチャーや文章・表情を使用することでコミュニケーションをとることができます。

 

メッセージや電子メールを送信することで、ゆっくりと時間をかけて自分の考えを作成し、自分の言葉を調べ、返答することができます。オンラインサポートグループに参加すると、コミュニケーションの機会が増えます。

 

『コミュニケーション』

言葉によるコミュニケーションを補ったり置き換えたりするためのツールや戦略は、補助代替コミュニケーション(AAC)と呼ばれます。AACは紙に絵を描いたようなコミュニケーションブックのようにローテクでも、iPadのようにハイテクでもかまいません。

 

失語症の人がコミュニケーションをとるのをサポートするために利用可能な多くのAACアプリがあります。それらは治療法ではありませんが、アプリが慎重に選択され、個人に合わせてカスタマイズされれば、その方の訓練にも役立ちます。

 

『訓練』

治療アプリやソフトウェアを使用することは、個々に合わせて練習の難易度や質を調整でき、素晴らしい方法です。研究でのエビデンスでも、脳卒中発症から数年経っても、コンピュータ化された治療が失語症の方々の能力を改善するのを助けるのに非常に効果的であることを示しています。

 

セラピストなど専門家に依頼して、アプリを選んでみてもらっても良いでしょう。

 

 

その他の質問100はこちらから

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み