ページトップへもどる

HOME > 脳科学 > 最新研究 > ダイエットに必要な脳科学知識

2017.03.03

ダイエットに必要な脳科学知識

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

 

 

空腹時に重要な決断をしてはいけない

 

 

空腹になったときに怒りが同時にこみ上げるような感じで「腹減った!!」と脳内に湧き出てきます。

 

空腹時に重要な意思決定をするのは危険です。なぜなら衝動的に行動する可能性が高いからです。

 

これは単なる個人的意見ではなく、実際にはスウェーデンのヨーテボリ大学で実施された研究からの見解であり、最近、Neuropsychopharmacologyで発表されました。

 


衝動性は、意思決定が損なわれ、将来の計画を立てる能力がない意思決定の形態の一つです。概して、衝動性には、衝動的行動と衝動的選択の2つの要素が含まれます。これらの衝動的行動は、例えば、ギャンブル、薬物乱用、摂食障害などの多くの精神医学的行動障害の特徴です。衝動性の神経生物学的メカニズムに関する研究は、ドーパミンおよびセロトニンを含むいくつかの主要な神経伝達物質の役割を確立しています。

 

グレリンと食欲増進

しかし、実際に飢えているのはどこなのでしょうか?どうやら、胃腸には衝動性について言えることがあります。ドーパミンとセロトニンの両方が、胃によって生成される グレリンというホルモン物質によって調節されることが知られています。グレリンは食欲を増進させ、食物制限の初期にそのレベルが上昇し、この増加は飢えの引き金となり、食物摂取につながります。

 

グレリンはまた、ドーパミンとオピオイドの作用によって食物の報酬感を高めます。食品報酬は、衝動性と正の相関があることが知られています。そして、グレリンは、ヒトの衝動性の増加に関連する脳の領域におけるドーパミン放出に影響を及ぼすようです。グレリンはまた、運動制御に関連する脳の領域におけるドーパミンのレベルおよびドーパミン作動性ニューロンの活性を増加させることができ、それにより潜在的に運動衝動に関連します。

 


まとめると、これは、グレリンが理論的には衝動性の神経生物学的調節因子として作用することを示唆しています。著者らは、衝動的行動、すなわち行動反応を抑制する能力、および満足を遅らせる能力に対するグレリンの役割を報告しました。

 


グレリンとドーパミン放出との関連も研究され、グレリン投与は、衝動的行動に関連する脳領域におけるドーパミンレベルの上昇をもたらしたことが示されました。グレリン投与は、ドーパミン分解に関与する酵素の発現の低下を引き起こし、その結果、その領域における神経伝達物質の蓄積をもたらしました。

 

その酵素(Catecol O-Metiltransferase-COMT)の活性の低下は、実際には、衝動的行動が最も重要な2つの状態である、ヒトの注意欠陥/多動性障害および強迫性障害に関連しています。これは、ドーパミンの作用により、少なくとも部分的に、衝動性に対するグレリンの効果を支持しました。

 


この研究は、食べ物が必要なときに私たちがなぜ衝動的になるのかを説明するだけでなく、胃腸と脳との間の別のつながりも確立しています。腸管産生ホルモンが衝動行動の神経生物学的メカニズムを調節するのかを示します。

 

 

 

編集部コメント

筆者も最近5週間で6.2kgのダイエットに成功しましたが、空腹時のグレリン上昇に伴うドーパミン放出を抑えるための独自の身体トレーニングを行いました。ダイエットの神髄は脳をだます事だと考えています。そのためには脳内メカニズムを理解する必要があり、このような研究報告は重要と言えます。

Reference

Anderberg, R.The Stomach-Derived Hormone Ghrelin Increases Impulsive Behavior Neuropsychopharmacology, (2015)41 (5), 1199-1209

 

Menzies JR. Ghrelin, reward and motivation. Endocrine development, (2013) 25, 101-11

 

 

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み