ページトップへもどる

HOME > 脳卒中 > 病態の理解 > ペンフィールド博士から学ぶ!脳の解剖と歴史で脳梗塞を理解する。。。

2017.07.06 脳卒中

ペンフィールド博士から学ぶ!脳の解剖と歴史で脳梗塞を理解する。。。

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

 

 

脳の解剖と歴史

 

私たちは現在、脳のさまざまな部分を見て、ある部分が私たちの身体のどの部分をどのように制御するかを見ることができます。

 

進化した人間の脳は、脳機能の点で地球上で最も進化した生物です。 私たちの脳は他の霊長類に似ており、霊長類は他の哺乳類より進化しています。 次に、すべての哺乳類の脳は、鳥や爬虫類の脳よりも進化しています。


 この点で脳を見ると、脳がどのように進化したかを見ることができます。系統樹の進化を反映する3つの部分があるからです。

 

脳の比較

 

 哺乳動物、鳥、爬虫類を同じ体型にスケールすると、哺乳動物は鳥の2倍の大きさで、爬虫類の10倍の大きさの脳を持つことになります。
 以下の図を見てください。 これは脳の3つの主要部分を示しています。これらは進化論的な系統樹の脳の発達を反映しています。

 

後脳

 

この領域は、爬虫類に存在するため、時には「ウイルス脳」と呼ばれます。 それは何億年も前に進化しました。それは、私たちの心臓の鼓動や呼吸のコントロールなど、私たちの基本的な生命機能を担う脳の一部です。生存の必要性、性的欲求、基本的ニーズをコントロールする本能的な脳でもあります。

 

これは以下の部分で構成されます。

 

脊髄 – 情報を脳との間でやり取りし、身体に伝達します。

 

延髄 – すべての自律機能をコントロールします。 これらは、心拍、呼吸、消化のような体の無意識の機能です。

 

– 睡眠を調節し、自分の意識レベルをコントロールする。

 

小脳 – 動きとバランスを制御する脳の背部・底部の大きな構造で、右と左半球を持っています。

 

中脳

 

中脳はすべての哺乳類に存在し、時には「哺乳類脳」または「感情脳」と呼ばれます。それは約1億5000万年前に進化しました。 感情をコントロールし、記憶を蓄える部分です。 現在は主に「辺縁系」と呼ばれています。

 

これは以下の部分で構成されます。

 

扁桃体 – アーモンド型の構造で深い感情的な記憶を保存する役割を担っています。これは恐怖をコントロールしているようです。恐怖心や緊張した時の胸のドキドキ感、手に汗をかく、手の震えなど恐怖時に経験する不愉快な感覚を活性する役割があります。最近では、中毒に関連しているという報告が増えています。

 

海馬 – 記憶の保存と処理に関与しています。竜の落し子のような形をしています。

 

視床下部 – 喉の渇き・食欲・代謝の内部バランス・睡眠周期等の概日リズム・体温調節など内部機能の多くを制御する点で脳の働き者です。

 

視床 – これは脳の大きな”信号扱い所”です。視床は、嗅覚以外の全ての感覚器官から脳のより高い部分へと情報を中継し、そこで情報が処理され感覚の経験が知覚されます。ここは痛みの知覚だけでなく、運動の信号の中継所としても大きな役割を果たしています。

 

前脳

 

前脳は、新皮質、新哺乳類脳または「合理的な脳」とも呼ばれます。

脳の進化した最前端の部分であり、他の霊長類やイルカのような高度に知的な哺乳類にも見られます。

 

ここは脳の3分の2を占め、私たちが考え、知覚し、創造し、計画することができる所以の場所です。 会話、問題解決、哲学をして人生を生きていくための考えを整理する所です。感覚器官からの情報を知覚し、体の動きをコントロールします。

 

大脳半球

 

「半球」と呼ばれる新皮質の”2つの半分”があります。

 

心は脳の左右半球に関連しているようです。 これは「右脳 対 左脳」の心理学として知られています。これは、1981年にノーベル賞を受賞された心理生物学者のシャルル・ロベール・リシェ(1913-1994)の研究に基づいています。

シャルル・ロベール・リシェ(1913-1994):1913年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。アレルギー研究の父でもある。

 

脳の全ての部分が心を操作する可能性があります。脳のある部分に傷害がある場合、他の部分は機能を引き継ぐことができます。排他的でなく、むしろ卓越した連携が成されています。2つの半球は、脳梁と呼ばれる脳の一部によって連結されています。これは神経路が一方の半球から他方の半球へと通過する橋です。これにより、脳の左側は体の右側を制御し、右半球は体の左側を制御します。

 

 

大脳葉

 

左右の新皮質の半球に4つの大脳葉が存在し、それぞれが異なる機能を有します。

前頭葉 – 推論、計算、問題解決、判断等が行われます。言語を発する役目のブローカ領域は通常は前頭葉にあります。

 

頭頂葉 – 痛みや接触・温度などの感覚情報が処理される場所です。

 

側頭葉 – 主に記憶と関連しているが、感情や会話とも関連しています。ウェルニッケ領域左半球に位置し、言語理解に携わります。聴覚を司っている部分でもあります。

 

後頭葉 – 視覚情報を処理しています。後頭葉は目の反対側にあるので、驚くかもしれませんが、視覚処理は実際にはかなり複雑な経路が関与しています。

 

脳の中のこびと

 

アメリカの脳神経外科医のワイルダー・グレイヴス・ペンフィールド博士(1891-1976)は、てんかん患者を治療しながら、脳が体を知覚する方法の理解を深める研究を行いました。脳半球のそれぞれには2つの地図が広がっています(ペンフィールドの地図とも呼ばれます。)

1つは運動の地図で、私たちの動きを操作する場所です。もう1つは感覚の地図で、体の感覚情報が処理されている場所です。左図の小人(ホムンクルス)は、その地図を立体的な人形にしたものです。図を見ると、脳がどのように体を見ているのかが見えてきます。

ワイルダー・グレイヴス・ペンフィールド(Wilder Graves Penfield,1891- 1976)

 

脳神経

 

脳から直接出てくる特別な12対の神経があります。これらの中には、目、耳、鼻、口からの感覚情報を伝達するものや、頭や喉の筋肉を制御するものなどがあります。心臓や肺のような重要な臓器や様々な腺へ供給するものもあります。

 

脊髄神経

 

脊髄神経は、脊髄から出て脊骨の隙間を通って体幹および四肢に電気信号を送る神経です。

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み