ページトップへもどる

HOME > 脳卒中 > 病態の理解 > 症状発症の3〜4.5時間以内が回復の境界線!?脳卒中の診断方法(t-PA治療)

2017.03.22 脳卒中

症状発症の3〜4.5時間以内が回復の境界線!?脳卒中の診断方法(t-PA治療)

 

 

 

脳卒中の診断

 

 

脳卒中の治療は脳卒中の種類、場合によっては脳損傷の場所に依存するため、進行中の脳卒中を診断することが重要です。脳卒中および一過性脳虚血発作(TIA)と同様の症状を有する他の病気は、脳卒中を診断するために除外される必要があります。これらの中には、発作、失神、片頭痛、心臓病または他の一般的な病状が含まれます。

 

脳卒中はどのように診断されるのですか?

まずは脳卒中のタイプを診断する必要があります。虚血性脳卒中(脳梗塞)は脳動脈の閉塞によって引き起こされます。一方、破裂した血管は出血性脳卒中(脳出血)を引き起こします。虚血性脳卒中の治療は、出血性脳卒中とは異なります。

 

虚血性脳卒中は、tPA(組織プラスミノーゲンアクチベータ)と呼ばれる血栓破壊薬で治療することができます。したがって、治療が始まる前に正しい診断を受けることが重要です。tPAのような凝固鎮静薬治療を受けるには、医師は虚血性脳卒中として脳卒中を診断し、脳卒中症状発症の3〜4.5時間以内に治療する必要があります。

この治療は、通常、病院の救急部で行われます。 4.5時間を超えると、tPAを与えることはできません。緊急治療室では、医師または脳卒中の緊急チームが以下を行います:→最近は発症後4.5~9時間の脳梗塞にもtPAは有効との記事もでています。

 

•脳卒中の症状が始まった状況を尋ねます。
•病歴について尋ねます。
•身体的および神経学的検査を実施します。
•特定の血液検査を行います。
•CT(コンピュータ断層撮影)またはMRI(磁気共鳴イメージング)
•他の診断テストの結果を検討する

 

診断テストの種類は何ですか?

診断テストは、脳がどのように見え、働き、血液供給を受けるかを調べます。 ほとんどが安全で痛みがありません。 これらのテストは、次の2つのカテゴリに分類されます。

1)画像検査

2)血流テスト

 

画像検査:

•CT(コンピュータ断層撮影):これは脳の画像(X線のような)を作成するために放射線を使用します。これは通常、脳卒中症状のある患者に実施する最初の検査の1つです。 CT検査の結果は、脳卒中の原因および脳損傷の位置および程度に関する貴重な情報を提供してくれます。

•MRI(磁気共鳴イメージング):このテストでは大きな磁気を使って脳の画像を生成します。CTスキャンと同様に領域や程度の診断ができますが、MRIによって生成された画像はCTスキャンよりもシャープで詳細ですので、小さくて深い損傷を診断するために使用されます。
•CTA(コンピュータ断層撮影血管造影): CTAでは特別な造影剤(色素)が静脈に注入され、動脈瘤などの異常を探すために血管の画像が撮影されます。
MRA(磁気共鳴造影):この試験では、脳動脈瘤の位置を特定するために磁気共鳴スキャナを通して血管を画像化します。

血流テスト:

•脳血管造影(または大脳動脈造影):特殊な物質が血管に注入されてX線が撮影されます。この試験は、血管を通る血流の画像を教えてくれます。これにより、閉塞の大きさと位置を再検討することができます。この検査は動脈瘤や奇形の診断に非常に役立ちます。

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み