ページトップへもどる

HOME > 脳卒中 > 100の質問 > 質問46:言語療法における集団療法と個別療法のそれぞれのメリットを教えてください。

2019.01.08 脳卒中

質問46:言語療法における集団療法と個別療法のそれぞれのメリットを教えてください。

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

質問46:言語療法における集団療法と個別療法のそれぞれのメリットとは?

 

 

専門家からの回答

 

 

集団でコミュニケーションを取る時は、ソーシャルコミュニケーションスキルを練習しています。御自身の話を理解できる人、またはできない人に言葉を伝える必要があるので、上手く伝わらない場合はさらに補助的に説明を行い、その問題を解決しなくてはならないという機会があります。

 

さらに、同様の状況に直面している人と一緒にいるという心理的および社会的支えは非常に励まされるものです。試したことのないコミュニケーション戦略を使って失語症を乗り越えようとしている人がいるかもしれません。それは御自身に有益となり得ます。

 

個別療法は、御自身に合わせられているので、改善したい特定のスキルを練習するための時間となります。最良の状況は、個別療法と集団療法の両方を併用することです。

 

 

集団という点で、SNSにグループを構え、失語症の方々とのつながりを持つことも有用です。同じ症状を有する方々に囲まれていることは、御自身が一人ではないことを教えてくれます。

 

 

その他の質問100はこちらから

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み