ページトップへもどる

HOME > 脳科学 > 最新研究 > 最新研究:脊髄損傷に対する経頭蓋磁気刺激(TMS)

2017.03.27

最新研究:脊髄損傷に対する経頭蓋磁気刺激(TMS)

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

 

 

脊髄損傷患者に対する経頭蓋磁気刺激(TMS)と末梢神経刺激の同時併用による治療

 

神経専門医である博士は、脊髄損傷を有する2人の患者が、経頭蓋磁気刺激と末梢神経刺激の同時併用による治療を6ヵ月近く続ける研究を行いました。

 

長期刺激治療による結果として、脊髄損傷患者の麻痺した患者を回復させる試み初めての事でした。

この研究の参加者は、外傷による脊髄損傷を有していました。 1人の患者は対麻痺性であり、膝から下が麻痺していました。もう1人は四肢麻痺であり、手の自発的運動が幾分行えるが把持する能力はない状態でした。 両患者は2年以上前に受傷しており、回復中は従来のリハビリ治療を受けており、刺激治療中もリハビリを続けました。

 

刺激治療の約6ヶ月後、対麻痺患者は両方の足首を動かす事ができ、四肢麻痺者は物をつかむことができました。

「神経接続の強化と、以前は用いれなかった筋の部分的な回復を観察した。」と研究した博士は話しました。

治療中に回復した運動は、刺激治療が終了した1ヵ月後もまだ存在していました。

患者の1人は、刺激がより広範かつより長期間にわたって与えられるさらなる研究に参加しています。

これは2人の患者のみのケーススタディですが、結果は有望なものです。

今回の結果が脊髄損傷後のリハビリテーションに使用できるかどうか、おそらく他の治療戦略と組み合わせて使用することができるかどうかを確認するためにさらなる研究が必要です。

 

 

編集部コメント

当時は難しかった治療も年々研究も進み進歩してきています。諦めずに回復への道を探すことは、新たな道に繋がることがあると思います。患者・医療者共に前を向いて努力することが必要です。

 

Reference

Anastasia Shulga:Long-term paired associative stimulation can restore voluntary control over paralyzed muscles in incomplete chronic spinal cord injury patient. Spinal Cord Series and Cases. 14 July, 2016.

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み