ページトップへもどる

HOME > 脳卒中 > 病態の理解 > 食生活やストレスが炎症を引き起こす!?~ 炎症と脳卒中の関係 ~

2018.09.26 脳卒中

食生活やストレスが炎症を引き起こす!?~ 炎症と脳卒中の関係 ~

 

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

 

 

炎症と脳卒中の関わりについて理解しよう

 

 

 

脳卒中と炎症は関連しています。

 

脳卒中が起こると、体が自身を治癒させるように脳が炎症を起こします。第2に、体内の既存の炎症が発作の脳卒中の発症に寄与し得ます。

 

これらの2つの炎症と脳の関わりについてお伝えします。

 

 

まず、脳梗塞発症後には脳組織に侵入するマクロファージや好中球などの免疫細胞は、脳組織のダメージを感知してさまざまなエージェントを生み出します。血液中の免疫細胞が脳組織に侵入してさまざまな炎症性因子を生み出すことにより、炎症を引き起こします。この応答は、体を治癒させる方法です。この脳梗塞後の炎症は脳梗塞領域の拡大を引き起こす可能性があり、治療が必要です。

 

 

脳卒中後の脳に発症する炎症は 、脳卒中前の体内の炎症とは異なります。

 

 

次に、脳卒中前の炎症が、脳卒中の発症にどのような影響を及ぼすのかを見てみましょう。

 

 

体内の炎症は感染症や傷害に対する防御機構です。膝を擦ると、体がその部位を治癒しようと、その領域は炎症を起こします。残念なことに、貧困生活や悪い食生活は、長期的な身体炎症、特に動脈の炎症を促進し、最終的に脳卒中に至る可能性があります。

 

Fox Newsの記事によると、慢性炎症は脳卒中の強力な前駆物質である心血管疾患との関係においてよく理解されていると述べられています。この記事では、高コレステロールの例を使用して、血流にLDLコレステロール(悪玉コレステロール)が多すぎると体内に侵入するコレステロールを取り除くために炎症反応を起こすことを説明しています。残念ながら、この炎症反応が長期間起こると、動脈に損傷を与え、最終的に心臓発作または脳卒中を引き起こす可能性があります。

 

炎症を軽減する方法

 

長期的な炎症を防ぐことは健康には不可欠ですが、残念なことに欧米化したライフスタイルはこの副作用を促進します。慢性的なストレスや不健康な食事による高飽和脂肪やコレステロールは、血流中のLDLコレステロール量を増加させます。炎症を伴う上昇したLDLレベルと戦うため、動脈に損傷を与え、脳卒中のリスクを増加させます。

 

では、どうすればそれを改善できるでしょうか?

規則正しく食べ、ストレスを管理し、十分な睡眠を取ることによって防げます。

これらは体内の炎症を軽減する実証済みの方法です。

 

 

 

療法士からのコメント

炎症と聞くと、怪我をしたり火傷をしたりすることを想像しますが、ストレスや食生活によっても引き起こされるというのは驚きです。現代社会は炎症を引き起こしやすいと思います。生活において見直せる部分から直していきましょう。

 

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み