ページトップへもどる

HOME > 脳卒中 > 自主トレ・自主訓練 > 絶対に脳卒中リハビリ費用をかかる減らすために!!入院中からできる歩行戦略

2017.06.21 脳卒中

絶対に脳卒中リハビリ費用をかかる減らすために!!入院中からできる歩行戦略

 

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

 

 

 

足首背屈運動

 

 

 

これは座った状態で足をクロスさせ、麻痺側の足首を自分の力で背屈させる運動です。麻痺側の足首はケアを行わないとアキレス腱が短縮し、可動域制限が生じます。

 

得に背屈方向(足の甲を手前に引く運動)の制限が生じやすく、立位や歩行に影響しますので、発症後早期からほぐしたりストレッチを行ったり、この運動のように自力で動かす運動を行い、足首の可動域の確保と、筋出力を向上させることが重要です。

 

 

【運動のポイント】

①座った状態で麻痺側の足をクロスさせます。

 

②足首をつかみ、軽く前後左右方向に動かし、足関節とふくらはぎをほぐします。

 

③麻痺側下肢の脛のあたりをつかみ、足首の運動に集中できるようにします。

 

④頭で強く「動け!」と命令し、つま先を上にあげます。あがりきったら5秒間保ちます。

 

⑤5秒間保つ運動を10回繰り返します。

 

*もし動かすことが全く難しければ非麻痺側で補助しながら、必ず脳で「動け!」と命じてください。命令と足首を上げる補助が同期するように行い、足首があがるイメージを常に持ってください。

 

 

 

 

👉足の自主トレ一覧

 

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み