ページトップへもどる

HOME > 脳卒中 > 自主トレ・自主訓練 > 高座位での膝を安定! 脳梗塞 片麻痺 入院中 退院後の自主トレ・リハビリ方法 

2017.06.22 脳卒中

高座位での膝を安定! 脳梗塞 片麻痺 入院中 退院後の自主トレ・リハビリ方法 

 

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

 

 

 

高座位での下肢強化運動

 

 

 

これはテーブルや高いベンチなどに高座位で腰かけ、交互に足を伸ばす運動です。

 

難易度は高く、下肢筋力はもちろん腹筋などの体幹筋による支えの力も必要です。痛みなどが生じたら無理をする必要はありませんが、忍耐力と耐久力が必要な運動です。リズムよく、力強く取り組んでください。

 

【運動のポイント】

*滑ったり転倒の恐れがありますので、難しければ無理に実施しないでください。可能であれば介助者の方がそばで補助をしてあげてください。

 

①高い椅子やテーブル、ベンチに腰掛けます。足はかろうじてつくくらいが理想です。

 

②両手は膝につき、体幹を伸ばし、背伸びをします。

 

③体幹が後方に倒れないよう保ちながら、非麻痺側下肢を前に、遠くに伸ばします。

 

④リズミカルに麻痺側も真っすぐ伸ばします。

 

⑤交互に20回繰り返し、2~3セット行います。

 

 

 

 

👉足の自主トレ一覧

 

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み