ページトップへもどる

HOME > 脳卒中 > リハビリ概要 > 脳卒中リハビリに必要な「意志の力」を育てる5つの方法

2018.09.14 脳卒中

脳卒中リハビリに必要な「意志の力」を育てる5つの方法

 

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

 

 

脳卒中リハビリに必要な「意志の力」を育てる5つの方法

 

 

「意志の力」は、間違いなくリハビリの成功に最も必要な要素の一つです。下記の「意志」を高める5つの事を実践することで、目標に到達するための大きな力を育てる事が出来ます。

 

瞑想をする

 

 

瞑想には多くのメリットがあります。意志の力を高めることもその一つです。毎日、数分瞑想することで、脳の中の感情や意思決定を調整する部分を育てることができます。

 

 

目標を設定する

 

 

「目標」はリハビリの方向性を示してくれます。行動が目標にリンクしていると、それに到達する可能性が高くなります。S.M.A.R.Tを作成してみて下さい。S.M.A.R.Tとは「S:Specific(具体的)」「M:Measurable(測定可能)」「A:Achievable(達成可能)」「R:Realistic(現実的)」「T:Timely タイムリーな目標」です。それらを書き留め、壁に貼り付けて、目指す方向を常に思い出すようにします。

 

 

習慣にする

 

 

リハビリは時々面倒に感じるかもしれません。しかし、それは行わなければなりません。「時間があるとき」にやる。そのような考え方は習慣化しづらいです。毎日決めた時間にリハビリをする時間を作りましょう。その時間にこだわって下さい。その決めた時間での運動の習慣を作っていきます。習慣を作ると考える必要はありません。その時間にただリハビリを行いましょう。

 

 

気を散らす物を排除する

 

 

意志の力は有限です。その力を大切なものに使う必要があります。お菓子やテレビに誘惑されていませんか?リハビリを行う意志を他の物が邪魔をしているのならば、それを捨てなければなりません。それにより、リハビリの努力に捧げる意欲がさらに高まります。

 

5分ルール!

 

 

何事も習慣化するまで始めは大変です。自分とこんな取り引きをしてみませんか?「5分間だけは・・をする」(必要なこと)それだけで良いです。習慣化すれば、5分で止めたくなくなることに賭けます。例え、少しで止めてしまっても何もしないよりは良いです。そんな小さな意志から「意志の力」を育てていきましょう。

 

 

療法士からのコメント

勉強をする時と同じように、テレビや食べ物・携帯・ゲーム色々な物が勉強(リハビリ)欲を妨げます。環境は大切かもしれません。運動を行いやすい場所で環境作りをして取り組んでみましょう。

 

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み