ページトップへもどる

HOME > 脳卒中 > 病態の理解 > 脳卒中(脳梗塞)後の10%に生じる「てんかん」発作 理解と対策!

2017.09.27 脳卒中

脳卒中(脳梗塞)後の10%に生じる「てんかん」発作 理解と対策!

 

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

 

 

脳卒中後遺症:「てんかん」とは?

 

脳梗塞や脳出血などの脳卒中発症後にしばらく後遺症として「てんかん」を起こすことがあります。一部の人は、その領域によっては永続的になる可能性があります。

 

てんかんは脳の電気活動が一時的に異常に興奮的に活動することで痙攣や意識障害を引き起こします。症状は多種多様です。複雑な脳の障害の為決まりきった症状ではないようです。

 

人によっては本人は気付いていませんが、短時間思考が止まったような状態の場合もあります。若干の混乱や記憶喪失が続くものもあります。

 

他の場合は、突然意識を失い、四肢が震えて倒れる場合があります。その場合は、外傷を負う事があり、患者を見守り、環境を整備する必要が出るかもしれません。軽度の場合は意識があり、体の一部に痙攣を起こします。症状は多様で、脱力や声掛けに対して反応しなくなる場合もあります。

 

大体は数分で収まります。しかし、一度引き起こすと、その日のうちに再び発作が起こる場合があります。

 

てんかんの発作の原因や程度にもよりますが、適切な薬物療法により、発作の消失、発作の回数を減少させることができます。てんかん発作は家族の方にとって精神的・経済的負担は大きいものです。医師を中心に医療チームが一体になって援助活動をしなければなりません。

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み