ページトップへもどる

HOME > 脳卒中 > 100の質問 > 質問16:脳卒中後の神経可塑性とは何ですか?

2018.11.06 脳卒中

質問16:脳卒中後の神経可塑性とは何ですか?

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

質問16:脳卒中後の神経可塑性とは何ですか?

 

 

専門家からの回答

 

神経可塑性は、脳卒中後に脳の回路が変化して新しい形をとることです。脳卒中後の機能回復を促進するために脳のこの驚くべき能力が活用されます。

 

 

私たちはいつも新しいことを学ぶときに神経可塑性が用いられています。脳卒中の方では、生き残った脳組織が、失われた組織の機能のいくつかを補うことができます。

 

脳卒中から回復している方の脳をイメージしてみると、おそらく脳は活動的となっていますが非効率的な状態であることが想像できます。多くの脳神経が発火していますが、そのパターンやネットワークに問題が生じています。

 

患者が練習や課題特有の活動を通して学ぶにつれて、これらの不具合を起こしているネットワークが新しく復旧ネットワークとしてより強く活性化し始めます。しかし、脳はこの代替ネットワーク形成ををすることを嫌います。そのため、何もしないとそれはとても早く消えてしまうのです。

 

脳を復旧させるためには、ネットワークをアクティブに接続し続け、常に強化する必要がある事覚えて置いて下さい。

 

 

その他の質問100はこちらから

 

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み