ページトップへもどる

HOME > 脳卒中 > リハビリ概要 > ~ 脳卒中×バーチャルリアリティ(VR)~ 新たなリハビリテーションの可能性

2018.05.02 脳卒中

~ 脳卒中×バーチャルリアリティ(VR)~ 新たなリハビリテーションの可能性

 

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

 

 

~ 脳卒中×Virtual Reality ~ 新たなリハビリテーションの可能性

 

 

 

脳血管障害は、米国における主な死因の1つです。病変位置および大きさに基づいて、重度で永続的な機能喪失が存在する可能性があります。CVA後、片麻痺・失語症・空間/身体無視など個々によって様々な障害を有します。半側無視は、患側の任意の感覚を識別することができないまたはそれに応答できない状態です。右側のCVAにてより一般的です。

 

前世紀では、脳卒中を有する人々は、車椅子生活を送っていなければならないと考えられていました。患者は手足を動かすことや運動することさえもやめました。長年にわたり、脳卒中患者のリハビリは長い道のりを歩んできました。

 

フォーカスは、強化運動を利用した基本的な介入から、運動学習と神経可塑性の理論に基づくより高度な技術に移行しました。これには、熟練した臨床医による手作業、電気刺激装置、特殊なエルゴメーター、トレッドミルシステムなどの機器の使用が含まれています。これらはすべて障害のある患者の機能を最適化することを目的としています。

 

ここ数年、リハビリ分野の主要な一歩は、リハビリの科学と支援技術、ロボット工学、コンピュータサイエンスなどの分野の統合です。それらは患者の機能的転帰を大きく向上させる潜在的に強力なシステムをもたらしています。

 

最新のリハビリテーションの一つはバーチャルリアリティ(VR)システムです。システムの多くはテストされ、リリースされ、現在は病院や診 療所で使用できるようになっています。既存の技術を向上させ、回復およびリハビリテーションのための新しいシステムの発明について、臨床試験が進行中です。

 

ラトガース大学のエンジニアは、2002年に脳卒中患者の機能回復を目的とした治療活動を含むVRシステムを開発しました。現在、このシステムには多くのバージョンが用意されており、機能の回復におけるこれらのシステムの有効性の程度を評価する臨床試験が進行中です。他のVRゲームシステムと同様に、患者はシミュレートされた環境で自分自身を見るでしょう。ゲームは、武器や手の中のさまざまな機能的な筋群をターゲットにした標的練習に置き換えられます。患者は、物体の拾い上げ、物体の積み重ね、バルーンのタッピング、物体の把持、リーチ動作練習など大きく動く運動課題から細かな運動課題まで行うことができます。

 

片麻痺患者の半側無視を減らすため のVRリハビリテーションシステムも評価されています。これは、麻痺側からの視覚的手がかりを提供し、意識を高め、適応再学習を高めるシステムによって達成されます。最近発表されたケーススタディ(4人の参加者)は、VRシステムが脳卒中患者の無視を減らす可能性があることを示唆しました。参加者は、管理された客観的テストの改善に加えて、VRトレーニングセッションが有益かつ楽しいものであると主観的に報告しました。

 

VRシステムは、道を横切る、料理を出す、ドアを開くなどの日常的な状況をシミュレートすることさえ行えます。これは、日常生活の不可欠な活動であるタスクの非常に具体的な学習を提供します。 VRシステムは、患者の能動的な参加を重視し、課題練習のための様々な環境を提供しながら、質の即時のフィードバックを提供するので効果的です。これらはすべて理想的な運動習慣と運動学習の要件を満たしています。

 

脳卒中者は、回復するのに最も熱心な人です。本人たちが好きだったことを擬似的にもやり直すことは、リハビリテーションセッションの素晴らしい動機となります。脳卒中患者のリハビリテーションツールの理想的な候補になります。これらのシステムが手頃な価格でほとんどの病院で利用できるようになり、ユーザーインターフェイスがよりシンプルになり、より多くの患者がシステムから恩恵を受けるこ とができることを楽しみにしています。

 

 

療法士からのコメント

仮想空間は変幻自在です。多くの可能性を秘めています。安価になれば、自宅でも取り入れていけます。まだ、最新技術を用いたリハビリは始まった段階です。どのような効果が期待でき、どのようなことが難しいのか、今後臨床において多くの事が分かってくるでしょう。

 

refereces

Exploring the effects of virtual reality on unilateral neglect caused by stroke: Four case studies.Smith, Jennifer et al.Journal: Technology and Disability, vol. 19, no. 1, pp. 29-40, 2007

 

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み