ページトップへもどる

HOME > 脳卒中 > 自主トレ・自主訓練 > 手-肘-肩の運動連鎖を促すストレッチ8 脳卒中・片麻痺のリハビリ

2017.07.20 脳卒中

手-肘-肩の運動連鎖を促すストレッチ8 脳卒中・片麻痺のリハビリ

 

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

 

 

 

手のストレッチ⑥ 手の甲返し運動

 

 

ここでは手首を強く屈曲させ、手関節の伸展筋群を伸張させていきます。手首を屈曲させると手指を緩、ませることができ、この状態で肘や肩を動かすことが上肢全体の新たな動きの学習につながります。

手首が非常に硬くなった場合、そこを伸ばすことも有効ですが、逆方向にゆるんだ状態にして、そこで動きを入れていくことで緊張が軽減する場面も多いです。このような運動を試してみてください。

 

【ストレッチのポイント】

①胸の前付近で、麻痺側の手部を非麻痺側の手で外側から覆うように把持します。

 

②手首を手前方向に曲げ、指が伸びることを確認します。

 

③そのまま麻痺側の肘を足の方に伸ばし、麻痺側の股関節の横付近まで伸ばします。

 

④後方に押していき、手掌面が床と並行になるまで伸ばしていきます。

 

⑤同時に非麻痺側の手で、麻痺側の甲側をさらに押していきます。

 

*可能であれば補助者が麻痺側に立ち、肘を伸ばした状態で、手首を90°に固定し、後方に引くサポートをしてあげてください。しっかり伸ばせればこの運動の後、指の緊張が緩んでいることに気づくはずです。

 

 

 

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み