ページトップへもどる

HOME > パーキンソン病 > リハビリ概要 > 60分間の運動を週3回行うの!?パーキンソン病の運動効果について~頻度・期間~

2017.10.03 パーキンソン病

60分間の運動を週3回行うの!?パーキンソン病の運動効果について~頻度・期間~

 

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

 

 

パーキンソン病の運動効果についての研究  ~頻度・期間~

 

研究の多くは、運動量は1回につき30〜60分間を週2〜3回行う事で効果があったことを示しています。

 

運動療法を開始してから数週間以内運動パフォーマンスの改善が示されました。

 

パーキンソン病の研究の大部分は2〜3カ月間の運動の結果を評価しています。パーキンソン病でない方の運動研究からは、長期間にわたって効果が持続することが分かっています。

 

定期的な運動が数年にわたるトレーニング効果・症状に及ぼす影響は興味深いものです。エビデンスはまだ不足しているのが現状です。しかし、歩行や立ち上がりおよび持久力および疲労の問題は、定期的な運動によって進行を遅くする可能性があるという仮説は十分に立てることができます。

 

いくつかの研究は、リハビリテーションや運動を行わなくなった場合の効果を研究していますが、これらの研究では運動していたことの効果は数週間から数ヶ月で失われることを示しています。

 

運動はパーキンソン病患者にとって有益であることは明らかです。しかし、症状によって運動に対する効果は違うようです。

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み