ページトップへもどる

HOME > 脳卒中 > 病態の理解 > 紀元前450年 ヒポクラテスは脳卒中をどのように診断したのか?

2017.01.11 脳卒中

紀元前450年 ヒポクラテスは脳卒中をどのように診断したのか?

 

古代の脳手術に関して

 

古代人は頭が病気の部位であることを認識していました。世界と宇宙が神々の支配下にあるように見える時代には、神々が怒っていたときや、霊がとりついたときに、病気が起こると人々は理解していました。

 

考古学的証拠によれば、頭蓋骨に穴をあける手術は部族の初期の社会で使われていたが、これは悪霊を放つと考えられていたようです。
このように穿孔された多くの頭蓋骨を調べると、しばしば骨の治癒が起こったことが示され、削ったり、切ったり、ドリルのようなもので開けたりするなどの方法が行われていました。

 

 

 

 

この手技が頭部外傷や他の状態を伴う一部の人々を助けることができたのは、脳への圧力を軽減できたからです。頭部の損傷で脳内に血液がたまり、脳内の圧力の上昇を引き起こすと生命にかかわるのです。タイヤに空気を入れすぎるとパンクしてしまう状況に似ています。

 

残念なことに、圧力の上昇が原因でなかった人にとっては、この手術は害を及ぼしたかもしれません。

 

古代エジプト人は身体の1つの領域に特化した医師と外科の洗練されたシステムを作り上げました。彼らは目の医者、胃の医者および頭の外科医を持っていたとされています。エドウィン・スミス・パピルスは紀元前1500年頃に書かれたもので、基本的にはエジプトの手術の教科書です。それは、48件の怪我について議論している外科の教科書です。

 

エドウィン・スミス・パピルス

 

 

 

古代エジプト人の外科手術についての記述は1945年の歴史小説「The Egyptian」で、フィンランドの作家であるミカ・ウォルタリ(国際的なベストセラーとなった)が描いており、1954年にハリウッドで大ヒットを飛ばしています。 

 

 

書籍では、意識状態と四肢の使用の評価から、頭部に問題がある可能性がある場所を診断し、患者を診察します。その後、頭蓋骨片を取り除き、患者が回復を待つ間に包帯に縛られているシルバープレートで頭蓋骨片を取り除く方法を示します。

 


一方、ギリシャ人は解剖の考え方を嫌っていたので、脳機能に関する多くの理論は簡単な観察を行っていました。

また、アリストテレスは、心臓が実際に思考や感情を制御する器官であると誤って教えていました。

 

 

紀元前450年頃は、古代ギリシャの医師、ヒポクラテス(医学の父親として知られています)が脳卒中の状態を説明しました。彼はそれをアポピシキシーapopiexyと呼びました。これは文字通り「暴力によって打ちのめされた」という意味でした。この古い言葉は、20世紀まで使用されていました。

 

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み