ページトップへもどる

HOME > 脳卒中 > 病態の理解 > 夜、布団の中でのスマホが脳卒中リハの学習効率を低下させる!?

2018.10.17 脳卒中

夜、布団の中でのスマホが脳卒中リハの学習効率を低下させる!?

 

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

 

 

ブルーライトが体に引き起こす影響を学ぼう

 

 

今の時代、私たちの多くの時間は「スクリーン」の前で使われます。それが『睡眠』を乱す可能性があります。

 

人の睡眠および覚醒期間は、約24時間の自然な概日リズムに従います。

 

概日リズムは、環境の手がかりがなくても持続することができますが、通常は環境にリズムを適応させる外部の手掛かりによって変調されます。

 

最も明白な例は日光です。生理的プロセスを昼夜サイクルと同期させるためには、体内時計は夜間に近づくにつれて光レベルの低下を検出しなければなりません。これらの光の変化は、固有の感光性の網膜神経節細胞と呼ばれる網膜の特殊細胞によって感知されます。

 

これらの細胞には、光により活性化されるメラノプシンと呼ばれる光色素が含まれています。情報は脳に送られ、松果体の睡眠を促進する神経ホルモンであるメラトニンの合成を調節します。メラトニンは、最終的に睡眠 – 覚醒サイクルを制御する経路を調節する血流に分泌されます。メラトニン合成は、環境中の光が減少すると増加し、午前2時から午前4時の間に最大に達します。これらの光の手がかりを妨害するものは、睡眠サイクルに最も影響を及ぼす可能性が高いです。

 

電子機器は、ブルーライトを放射します。これは、メラトニンの産生を抑制し、ブルーライトに対するメラノプシンの高い感受性のために、覚醒度を増加させることが示されています。ブルーライトを発光するデバイスはどこにでもあります。例:LED電球・タブレット・携帯電話・LED TV・LEDデジタル時計等が含まれます。これらのデバイスはすべて、メラトニン生産に影響を与え、潜在的に睡眠サイクルを混乱させる能力を持っています。

 

しかしながら、最近まで、発光デバイスが睡眠に及ぼす影響については、ほとんど知られていませんでした。国立科学アカデミーの議事録に掲載された研究では、ブルーライトを放つipad上の電子書籍を読むことの生物学的効果を、就寝前の時間に印刷した本を読むことと比較しました。参加者は、毎晩5泊以上の就寝前にiPadで4時間、または印刷された本で同じことをするように求められました。

 

就寝前の時間にipadで読書する者は眠気を減少させ、眠りに落ちるのに時間がかかり、REM睡眠を減少させることを発見しました。また、ブルーライトを夜に浴びると体内時計に作用して睡眠を促す松果体のメラトニンの分泌が抑制されて眠れなくなることが判明しました。

 

本当に深刻なのは、これが日常的なことです。睡眠不足を永続させてしまうので、就寝直前に発光デバイスを継続して使用することが懸念されます。過去数十年間に、平均睡眠期間および質の低下があり、技術装置の使用がこのパターンに有意に寄与している可能性が最も高いです。

 

慢性的な睡眠不足は、脳卒中・肥満・高血圧・心臓発作・ストレス・うつ病・記憶および認知障害に対するより高い傾向を含む一般的な健康に悪影響を及ぼすことが知られています。これは本当に深刻なことを理解しなければなりません。

 

療法士からのコメント

睡眠不足は、脳のコンディショニング(活動量)を低下させることは既に示されています。それは脳卒中後のリハビリの学習効率を下げてしまう事に繋がりかねません。脳に学習した情報を整理して記憶させるには、十分な睡眠が必要と言われます。日頃の生活の仕方を今一度見直してみましょう。

 

refereces

Evening exposure to a light-emitting diodes (LED)-backlit computer screen affects circadian physiology and cognitive performance.☜pubmed Cajochen C et al. J Appl Physiol (1985). 2011 May;110(5):1432-8. doi: 10.1152/japplphysiol.00165.2011. Epub 2011 Mar 17.

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み