ページトップへもどる

HOME > 脳卒中 > 生活アイデア > 脳卒中・脳梗塞を予防しよう! リスクを軽減させる8つの方法とは!?

2017.11.13 脳卒中

脳卒中・脳梗塞を予防しよう! リスクを軽減させる8つの方法とは!?

 

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

 

 

脳卒中のリスクを減らす8つの方法

 

 

今回は、脳卒中のリスクを軽減するための8つの方法をご紹介致します。

 

1.健康的な食生活を送る

 

適切な体重管理と健康的な食事を摂ることは脳卒中のリスクを軽減させるのに大切な事です。

 

以下の3つの栄養素

①オメガ酸(動脈硬化の予防・脳機能の改善も言われている) 

② ビタミンB12(脳細胞や脳神経の再生・修復)

③ビタミンD(摂取不足は脳梗塞等のリスク増)

 

をお勧めします。果物や野菜をはじめ偏りなく健康的な食事をすることをお勧めします。

 

2.コーヒーを飲む

 

 

朝のコーヒーは脳卒中の危険性を軽減させます。緑茶も同じメリットをもたらします。カフェインが血圧を上げることがあるので、高血圧であるならば、医師と相談してください。

 

3.塩分摂取に注意する

 

脳卒中の主な原因は高血圧です。高血圧は塩分の過剰摂取によって悪化します。食事中のナトリウムを調整する必要があります。ナトリウムは注意を払わない限り、多く摂取しやすいです。適切な量は6g未満と言われます。日本人は平均10~12g摂取してるようです。

 

4.禁煙をしましょう

 

喫煙は、脳卒中のリスク要因の中で上位5つの原因の中の1つです。喫煙は動脈硬化を促進します。脳卒中を予防するために禁煙は必要です。

 

5.活動的に過ごしましょう

 

長時間寝たり座ったりと不活発に過ごしていると、脳卒中の危険性が増すだけでなく、うつ病やあらゆる種類の健康を害します。そのため、しっかり起きて(立って)過ごすようにしましょう。時々の休息は構いません。ストレスや不安を軽減し、健康を守ります。

 

6.ストレスを解消しましょう

 

慢性的なストレスは、脳卒中を誘発させる可能性があります。そのためそのような生活を送っている場合には真剣に考慮する必要があります。慢性的なストレスは高血圧・高コレステロール・肥満・糖尿病・アテローム性動脈硬化症・心臓病等を誘発します。

 

7.睡眠時間を調整しましょう

 

夜間に6〜8時間の睡眠を取ることが健康的です。習慣的にそれ以上の睡眠をとることは、脳卒中のリスクを高める可能性があります。リスクを減らすために、睡眠時間を最適化させましょう。

 

8.慢性的な炎症は早めに治療しましょう

 

関節炎をはじめ慢性的な炎症は脳卒中を誘発します。健康を守るために、慢性的な炎症はしっかり治療しましょう。

 

 

療法士からのコメント

上記は、言われてみれば基本的な事ですが、その基本的なことを正すことが難しいです。しかし、発症してからでは遅い為、これをきっかけに自分を律し、生活してみましょう。

 

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み