ページトップへもどる

HOME > 脳卒中 > 生活アイデア > ペットを飼う前に・・ 脳卒中 脳梗塞(片麻痺)後の注意事項を整理してみる

2017.05.15 脳卒中

ペットを飼う前に・・ 脳卒中 脳梗塞(片麻痺)後の注意事項を整理してみる

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

 

 

ペットを飼うに当たって考えて頂きたいこと

 

・ペットを飼う事には大きな責任があります。動物は毎日世話をする必要があります。

食事、新鮮な水、排泄の処理、散歩など運動、頻繁な獣医の定期健診と予防接種、毛の処理、そして多くの愛が必要です。

脳卒中後、飼っているペットとの再会は大きな喜び・慰めとなるかもしれません。しかし、脳卒中後に知っておくべきペット飼育の問題がいくつかあります。

 

・ペットに躓くこと、ペットを踏んでしまうなどに注意が必要です。飼い犬や猫は、麻痺側に飛びついてくるかもしれません。または、視空間に認識障害がある場合はペットを認識しそびれるかもしれません。

 

・杖を使用する場合には、ペットがどこにいるかを確認しましょう。ペットはオモチャと勘違いし、遊ぼうとしてしまうかもしれません。

 

・新しくペットを飼いたい方は十分に検討する必要があります。

 ペットに対して上記のようなケアを行えますか?

 アパートの場合は管理人は了承していますか?

 自身が不在の時、誰がペットの面倒を見ますか?

 病気になった場合の治療費や餌代などの経済的な負担も考えましょう。

 万が一ペットが飼えなくなった場合の受け皿も考えておきましょう。

 

・ペットは命ある存在です。十分検討し、責任を持てる事を確信してから飼いましょう。

 

 

生活アイデア記事一覧はこちら

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み