ページトップへもどる

HOME > 脳卒中 > 生活アイデア > テレビを活用したリハビリ方法って??脳梗塞 片麻痺後の生活指導

2017.05.09 脳卒中

テレビを活用したリハビリ方法って??脳梗塞 片麻痺後の生活指導

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

 

 

はじめに

 

・どの家庭にもテレビは一台はあるのではないでしょうか!?

・テレビをただ受け身で見るのでなく、脳のトレーニングとして見てみましょう。

 

・今回はテレビを見る際のアドバイスをさせて頂きます。

 

頭に良い番組を選びましょう

 

・テレビを上手く選択的に視聴することは有益です。

 

・クイズは、能動的に参加出来、受動的にただ何も考えずテレビを見るのと違うのでお勧めです。クイズ番組は、複数の選択肢の回答があるものが遊ぶのに最適です。

以前で言えば、ミリオネアのようなものです。積極的に言葉に出し参加してみましょう。

 

・また、政治に関する番組は、自身の考えを生むため良いと思います。他の方と意見を交わすことは、話すきっかけにもなり社会性の向上にも繋がります。

 

視聴者参加型番組(dボタン)

 

・最近は、視聴者参加型のテレビも増えています。クイズ番組など一緒に考えてみましょう。

 

好きなドラマのタイトル/登場人物を覚えましょう

 

・好きなドラマのタイトル、何曜日の何時から放送するか覚えましょう。登場人物や役者の名前も覚えて下さい。

 

・放送日に最初に出てきた役者・登場人物は誰ですか?これは記憶保持のゲームです。

 

・それ以外にも、好きな番組が何というタイトルで何曜日の何時に放送するか覚え、一週間のテレビを見る予定を立てて覚えてみて下さい。これは思考、記憶、そして社会性をも向上させます。

 

見終わったら姿勢をリセットしましょう

 

・テレビを見た後は、姿勢が悪くなっているかもしれません。見終わったら良い姿勢を取り、リセットしましょう。

・椅子に真っすぐ座り、目線は前を向き座高を高くするように背筋を伸ばしましょう。 (反るのではありません。)

・鏡で確認しても良いです。

・硬めの椅子であれば背筋が伸びると、左右のお尻の下の硬い骨(坐骨)が椅子を押すような感覚になるでしょう。

 

 

 

生活アイデア記事一覧はこちら

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み