ページトップへもどる

HOME > 脳卒中 > 生活アイデア > またゴルフを始めるための 5つのポイント!脳卒中(片麻痺)後の趣味・生活

2017.04.29 脳卒中

またゴルフを始めるための 5つのポイント!脳卒中(片麻痺)後の趣味・生活

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

 

 

はじめに

 

・ゴルフには人を元気にさせる力があります。クラブをボールに当てるという挑戦を通して自身の体の動かし方について詳しくなっていきます。その結果、身体機能を高めていく事に繋がります。

 

・片麻痺の方々が集うゴルフ団体、大会もあるようです。

NPO法人日本障害者ゴルフ協会では、「ゴルフは障害者に向いており、専門家もリハビリテーションの見地からゴルフは優れていると認めている」と紹介しています。

 

・今回は、ゴルフに関してアイデアをお伝えいたします。

 

広場でスイング練習から始めましょう

 

・まずは、公園など広い場所で、周囲に注意しボールを使わずにスイングする練習をしましょう。クラブに慣れる所から始めましょう。この練習を通して、自身の体が適応できていくことに気付き、自信が芽生えていくかもしれません。

 

ゴルフ練習場/ミニゴルフコース

 

・クラブのスイングやゴルフの能力を向上させるために、(打ちっ放し)ゴルフ練習場やミニゴルフコースで練習を始めましょう。 新しい技術や目標に向かい努力するにつれ、自信が付き、ゴルフをするということがより現実的に感じてくるでしょう。

 

カートを使用しましょう

 

・移動にはカートを使用しましょう。身障者手帳をお持ちの方は無料でご利用いただける場合があります。

 

・障害者専用カートもあります。カートを使って自力でフェアウェイを走り、ボールを打つ時には椅子を90度回転させてスイングします。

 

自分たちのルールを作りましょう

 

・一緒にゴルフを行う仲間の内で、自身のルールを作って行っても良いでしょう。

例:坂道や危険な場所にボールが行ってしまったら、一打分付加して安全な所から始める。

空振りしても大丈夫というルールを作る。等

 

 

 

生活アイデア記事一覧はこちら

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み