ページトップへもどる

HOME > 脳卒中 > 生活アイデア > 清潔に保つための6つのアイデア!脳梗塞(片麻痺)後の掃除の仕方

2017.04.18 脳卒中

清潔に保つための6つのアイデア!脳梗塞(片麻痺)後の掃除の仕方

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

 

 

はじめに

 

今回は、掃除のアイデアをお伝えします。

掃除を行う範囲やどこまで細かく行うかで求められる能力は変化します。ベッドや椅子上から身の回りの掃除を行うのであれば、手~腕の力と多少の巧緻性、手を遠くに伸ばす能力(リーチ動作)、リーチ動作に伴う体の安定性・バランス感覚、耐久性等が求められます。掃除を行う範囲が広がれば、移動能力や立位バランス能力など求められる能力が高くなります。安全に行える範囲から行いましょう。

 

ホコリ取り用ミトン/ミット

 

・ホコリ取り用のミトン/ミットは低い場所や細かい掃除に適しており、これを付けて掃除することは手・腕をはじめ体全体の運動にもなります。

 

柄付きホコリ取り

 

・ホコリ取りは、柄の長さの違う物や大きさの違う物があり、高い所や狭い所などの掃除に便利です。

 

小型電動掃除機 / ルンバ

 

・小型・軽量のハンディ掃除機は扱うのが楽です。充電式で充電ホルダーにはめ込むだけの物もあります。また、ルンバなど自動掃除機は、ボタンひとつ押すだけでくまなく掃除してくれます。自身では行えない場所まで行ってくれます。もし、大型の掃除機しかない場合は、御家族に頼み、他の服を畳むなどできることを行いましょう。

 

クイックルワイパー / 粘着式クリーナー

 

・クイックルワイパーで遠くのホコリやごみを掻き集め、手元で小型掃除機で吸っても良いでしょう。粘着式クリーナーも柄の長い物があり、ベッド回りの簡単な掃除に役立ちます。

 

柄の長い箒と塵取り

 

・柄の長い箒と塵取りは、遠くまで掃除でき、立てておくのに安定していて楽です。

 

家具の配置

 

・家具を配置する際に、掃除機の通り道の確保、掃除機をかけやすくすることを念頭に配置を決めましょう。

 

 

生活アイデア記事一覧はこちら

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み