ページトップへもどる

HOME > 脳卒中 > 100の質問 > 質問88:脳卒中を患った方の呼び方がいくつかあるようですが?

2019.03.20 脳卒中

質問88:脳卒中を患った方の呼び方がいくつかあるようですが?

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FB い い ね メルマガ登録

 

質問88:脳卒中を患った方の呼び方がいくつかあるようですが?

 

 

専門家からの回答

 

 

脳卒中を発症した自分自身に対する見方や考え方は各々で違うと思われます。それによって自分自身に対する定義も違うのかもしれません。

 

海外では3つの呼び方が聞かれます。

『 stroke victims:脳卒中の犠牲者』脳卒中に対して犠牲者と言う言葉から否定的な反応を示し、自分自身は悪い事はしていないのに・・という悲観的なニュアンスを含むと思われます。

 

『 stroke survivors :脳卒中生存者、脳卒中から生き残り逆境に強い人』『 stroke warriors :脳卒中の戦士』は各々脳卒中を患うも生き残り、その障害に前向きに戦う印象を受けます。

日本では「脳卒中患者」と呼ばれることも多いようです。まだ「脳卒中サバイバー」という言葉は浸透していないようですが、徐々にそのような呼び方になってくるのではないでしょうか?今後の動向に注目していきたいと思います。

 

どのような呼び方・考え方でも、それに関わる従事者は必要な支援や助言などで支え、本人は希望を持ち目標・回復に向かっていくことが大切と思われます。

 

 

 

その他の質問100はこちらから

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み