ページトップへもどる

HOME > 脳卒中 > 100の質問 > 質問84:感情のコントロールができない・・脳卒中後の感情障害どのようなものですか?

2019.03.08 脳卒中

質問84:感情のコントロールができない・・脳卒中後の感情障害どのようなものですか?

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FB い い ね メルマガ登録

 

質問84:感情のコントロールができない・・脳卒中後の感情障害とは?

 

 

専門家からの回答

 

 

脳卒中後は感情障害を高い確率で有します。

 

患者の約3分の1は、脳卒中後のある時点でうつ病または不安など気分の変化を経験すると言われます。脳卒中後には脳の化学的な変化があり、神経化学のこの変化と感情障害の間には非常に強い関連があるようです。

 

情動調節障害と呼ばれる状態もあります。これは情緒不安定としても知られていますが、これはうつ病ではありません。情動調節障害を有する人は理由なく突然泣いたり、笑うことがあります。うつ病では悲しい、憂鬱に実際感じると本人は話すでしょう。しかし、情動調節障害の患者では、その時の気分と実際表出されるものの間の関連付けがありません。怒っているのに笑う事もあります。発作の出現や感情変化の多くはコントロールが困難で、数分に渡って継続するようです。

 

これらの気分障害、うつ病、情動調節障害、不安症のすべてが治療可能です。

 

それらは脳卒中からの回復を遅らせる可能性があります。相談する事をためらわずに、医師に早期に相談しましょう。

 

 

 

その他の質問100はこちらから

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み