ページトップへもどる

HOME > 脳卒中 > 100の質問 > 質問47:失語症を有する家族をサポートするために何ができますか?

2019.01.08 脳卒中

質問47:失語症を有する家族をサポートするために何ができますか?

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

質問47:失語症を有する家族をサポートするために何ができますか?

 

 

専門家からの回答

 

家族にとって最も重要なことは、失語症となり少なからず落ち込んでいたり不安になっている本人とのコミュニケーションの取り方、失語症の本人とのコミュニケーションに関わる技術、周囲の人との会話の際に本人を適度にサポートする技術を学ぶことです。これは失語症の本人が理解しやすくなるように自身の言語スタイルを変える事が大切になります。

 

 

紙・ジェスチャーおよび特定の質問を使用することにより、失語症のある本人が自分自身を表現することが容易になります。周囲の方との会話の際にサポートする際に大切なことは、失語症の本人の能力やコミュニケーションの取り方を相手に伝える事です。

 

例えば、失語症のある本人が最もコミュニケーションを取りやすい方法を確認し、そのコミュニケーション方法(ジェスチャー、書く、描く、話す)を学び、その方法を他の方にも伝えてあげます。

 

また、家族は失語症が言語障害であることを十分に理解することが重要です。 認知能力が影響を受けることを意味するものではありません。 心が大丈夫であることを知ることは、早い段階で最も重要なことかもしれません。そして、家族はこれが長いプロセスが必要であり、回復を諦めない事が大切です。

 

 

失語症の方とのコミュニケーションは双方にとって、イライラさせることがあります。話す方法を調整することで、その不満を緩和することに役立ちます。 失語症のある人と話す時に行うことができるいくつかことがあります。

 

● コミュニケーションの負担を分かち合い、失語症のある本人だけの問題ではないことを認識します。 忍耐とコミュニケーションのための時間を十分に取ります。

 

● 表現力のある声で短く簡単な文で話します。しかし、大声を出したり、小声で話したり、赤ちゃん言葉で話をしたりしないでください。

 

● 口でのコミュニケーションを補うため、書く・ジェスチャー・絵を描く・ボディーランゲージ・写真を使用します。キーワードを書き留めるには、紙とペンを手元に置いてください。

 

● はい/いいえで答えられる質問(例:紅茶をお召し上がりになりますか?)、書面での選択肢(例:紅茶・コーヒー・ジュース)を提供する。

 

● 出来る限り静かな環境で話し、気を散らしたりする背景ノイズを除去します。通常は1対1のやりとりの方が大勢での会話よりも通じやすいです。

 

● 理解しているふりをしないでください。

 

その他の質問100はこちらから

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み