ページトップへもどる

HOME > 脳卒中 > 100の質問 > 質問33:手に重度麻痺を患った場合の生活の工夫を教えて下さい

2018.12.10 脳卒中

質問33:手に重度麻痺を患った場合の生活の工夫を教えて下さい

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

質問33:手に重度麻痺を患った場合の生活の工夫を教えて下さい

 

 

専門家からの回答

 

主に作業療法士は、そのようなケースの相談に乗り、サポートすることが出来ます。

 

手段としては、①便利な自助具または片麻痺用の物品の使用 ②非麻痺手で動作を行う練習(環境調整を含む) ③麻痺手の動作への参加の仕方の学習 が挙げられます。

 

 

便利な道具としては、例えば『ループ付きタオル』は、洗体時に麻痺手にループの部分を引っ掛けて片手で体を洗います。『自動ライト』は部屋に入ると手を用いずに点灯し、部屋を照らします。

 

 

動作では、瓶を開ける際に瓶を内股に挟んで固定して片手で蓋を開けたりする代償的な手段があります。麻痺手が握る事だけでも出来るのであれば、歯ブラシを持たせておいて歯磨き粉をつける、ペットボトルを持たせておくなどの参加方法もあります。肩が利くのであれば、腕が持ち上げられるので部屋のスイッチを押すなどが出来ます。

 

そのように工夫や代償的な動作によって麻痺手での生活に適応していく必要があります。

 

脳リハ.comでは、他記事にて多くの生活アイデアをお伝えしていますのでご参考下さい。また、インターネットで多くの片麻痺用の製品も販売または紹介されています。

 

上肢は動きが複雑であり、それを制御するために、脳の広い領域を必要とするために回復が最も遅いことが多いです。麻痺手をストレッチや感覚刺激を与えたり、出来る範囲で麻痺手を生活に参加させる事を地道に継続し、学習性の不使用を予防していきましょう。

 

 

その他の質問100はこちらから

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み