ページトップへもどる

HOME > 脳卒中 > 自主トレ・自主訓練 > 動画で学ぶ! 構音障害・嚥下障害に対する言語聴覚士の自費リハビリ 東京

2017.09.16 脳卒中

動画で学ぶ! 構音障害・嚥下障害に対する言語聴覚士の自費リハビリ 東京

 

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

 

 

 

口の中を感じて構音・嚥下障害の土台をつくる

 

今回の練習は、口の中を知覚する練習です。脳卒中後は麻痺や廃用症候群の影響により、口腔内の感覚が低下し、舌の位置や唇の位置が不明確になります。

 

それらを改善していくためには、普段意識しない舌や歯の位置を知覚するトレーニングが重要です。

 

長く行う事で、口の中の感覚や動きが改善し、食事の飲み込みやしゃべりにくさが軽減できる可能性があります。

 

この練習をきっかけに、日常の口腔内の意識を高めたり、ケアするよう努めていきましょう。

 

【運動のポイント】

① 寝た姿勢でリラックスします。座っても行えますが、首に過剰な力が入らないよう注意しましょう。枕やタオルを入れ、適切な首の位置にしましょう。

 

 全身がリラックする事も大切です。

 

② 舌がどのあたりにあるかを意識しましょう。左右にずれていたり、奥に引き込まれていないか感じてみましょう。そして、前歯2本の後ろに舌を当てましょう。

 

 正常であれば、舌の先が前歯の裏に自然に当たっています。

 

③ 非麻痺側の上の歯から順に歯をなぞり、数えながら奥の歯に進んでいきましょう。奥の歯まで数えたら、前歯にゆっくり戻っていきましょう

 

④ 次に下の歯も同様に、非麻痺側へと舌を動かし、歯をなぞりながら数え、またもとに戻りましょう。

 

⑤ 次に唇と歯ぐきの間に舌をいれ、非麻痺側の上の歯から順に、同様に数えて戻り、下の歯も実施しましょう。

 

 届かない位置は無理せずに元の位置に戻って構いません。終了後に麻痺側と非麻痺側の感覚の違いを意識しましょう。

 

⑥ 同様の事を麻痺側にも実施していきます。舌が過剰に疲れたり、痛みが出ない範囲で実施します。首や体を過剰にねじったりしないように。口を閉じて行うことが難しい場合は、開けながら行っても構いません。

 

 

 

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み