ページトップへもどる

HOME > 脳卒中 > 自主トレ・自主訓練 > 知らなきゃ損!!身近な生活用品を用いて上肢の自主トレ

2017.08.15 脳卒中

知らなきゃ損!!身近な生活用品を用いて上肢の自主トレ

 

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

 

 

 

 

筒を用いて行う手の機能練習

 

 

家にボールがなくても家の中の円筒形の物で代用することができます。

 

例えばお茶の缶、スプレー缶、ごみ箱、キッチンペーパーなど様々な物があります。

 

中央を支えて転がすと球体の様に左右に転がらないので楽に行えます。上下で径が違う物は、斜めに転がりますので直進方向以外の練習として取り組めます。

 

【運動のポイント】

 

① まずは膝をついた姿勢で足腰を安定させ、円筒形の物の曲面上に麻痺側の手を開き下ろします。

 

② 各々の指が曲面に適切に配置されるよう調整します。

 

* 麻痺手でコントロールが難しい部分は、必要に応じて必要な分だけ非麻痺側の手で補助をします。

 

③ 麻痺側の手で自身の方へ引き、手指~手首をストレッチし、次に前方に押していきます。

 

* 円筒形の物に上下の径の差がある場合、向きに応じて斜めに転がります。

 

* 基本の直進方向の練習を行いたい場合は、上下径の差がない物で、筒の中央を持って行いましょう。

 

④ 約10回の繰り返しを実行し、次の練習に移ります。

 

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み