ページトップへもどる

HOME > 脳卒中 > 自主トレ・自主訓練 > 脳梗塞 リハビリ費用を減らすための戦略!!メディスンボール トレーニング1

2017.08.09 脳卒中

脳梗塞 リハビリ費用を減らすための戦略!!メディスンボール トレーニング1

 

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

 

 

 

 

ボールを使って手の機能練習(4)

 

今回の練習はメディシンボールが適しています。このボールは重さがあり、軽いボールよりもコントロールが上手く行きやすいです。

 

この練習は緊張が高い方の手指~上肢の練習に適しています。緊張が低い方にとっても良好な影響を与えます。

 

このエクササイズはこの先のボール練習の準備体操ですので、多くは行わなくて大丈夫です。各方向へ10~15往復ずつ程度で構いません。これからご紹介するボール運動を続けて行ってみてください。

 

【運動のポイント】

①膝をついて座った状態になります。膝の前にボールをセットします。

 

②まずは、麻痺側の手のみの動きで、ボールの上に手を乗せられるか試しましょう。実際には、良い方の手のサポートを借りたり、事前にストレッチを行った方が上手くいく事が多いかもしれません。

 

③ボールの上に麻痺側の手を乗せ、手の平と指を伸ばし開きます。全ての指がボールの曲面に均等に広がるように配置します。

 

手の筋肉の緊張が高い場合は、前後左右にボールを振り筋肉の具合を整えていきます。この動きは小さくても構いません。ボールを手で動かす際のコントロールが重視されます。

 

④ゆっくりと慣れるまで(目安10往復ずつ)左右・前後とボールを動かします。次に素早く動かすなどバリエーションを持って行ってみましょう。動きに慣れてきたら回すなど複合的に動かしてみましょう。

 

ボールを床やテーブルなど様々な場所において練習することが可能です。

 

身体とボールの距離を変化させて行ってみましょう。

 

 

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み