ページトップへもどる

HOME > 脳卒中 > 自主トレ・自主訓練 > 脳梗塞リハビリ費用を減らすための自主トレ その12

2017.07.25 脳卒中

脳梗塞リハビリ費用を減らすための自主トレ その12

 

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

 

 

 

指のストレッチ3

 

 

まず厚めで平らな本を探してください。本などの平らな支えがあればどこでもいつでもできる運動です。このように生活の中で使う物品があればどんな運動ができるか、すぐに考える癖がつくと回復は早くなります。

 

運動を行おう、と気負って行うのではなく、種々の生活動作や何気ない動作を効果的な運動に結び付けられたら勝ちです。本以外でも、指を広げて押しつけられるものであればどんどん実践してください。「物を押さえつける」という重要な機能を獲得するための練習です。

 

【運動のポイント】

①麻痺側の指と手の平をしっかり伸ばし、本の上に平らに乗せます。

 

②しっかりと本に手の平を3秒間強く押し付け、緩め、押し付ける運動を10回繰り返します。

 

③非麻痺側の補助を外して、麻痺側のみでどれだけ押し付けられるか試してみてください。日記などをつけていれば、どれだけの時間指が伸びて、物を抑えられたか記録するのは重要なことです。麻痺側が補助手として機能すれば、生活で使える範囲は増大します。

 

 

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み