ページトップへもどる

HOME > 脳卒中 > 自主トレ・自主訓練 > しびれ・硬くなった手を柔らかく! 脳卒中 麻痺・感覚障害の自主トレ③

2017.07.14 脳卒中

しびれ・硬くなった手を柔らかく! 脳卒中 麻痺・感覚障害の自主トレ③

 

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

 

 

 

9つの代表的ストレッチ

 

 

脳卒中の患者様は痙縮(いわゆる筋肉の緊張が高い状態)を経験することがあります。この状態が続くと筋肉や腱などの軟部組織が固まり、拘縮を引き起こす原因となります。

 

また、固まっている状態で運動を繰り返しても、その範囲内での運動しか行えませんストレッチなどにより運動や動作の前に筋肉などの軟部組織の固さを軽減しておくことが重要です

 

9つの代表的なストレッチを紹介します。

 

 

ストレッチ1:ハンドオーバー運動 

脳卒中の患者様の多くが手首の強い屈曲を伴います。この運動では肩関節、肘関節、手関節を同時に粗大的に伸ばしていきます。小指が上側になるよう保ちながら、手を伸ばしていく運動です。

 

【ストレッチのポイント】

①麻痺側の指を覆うようにしながら持ち、小指を上、親指を下側にして手の平を向こう側に向けます。

 

②正面に、なるべく遠くに伸ばしていきます。手の平を誰かに見せるようにします。

 

③手の平を自分側に向け、体につくまで手前にしっかりと戻します。

 

④リズミカルに10回繰り返します。

 

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み