ページトップへもどる

HOME > 脳卒中 > 自主トレ・自主訓練 > 上手なステッピング戦略!! 片麻痺 入院中 退院後のエクササイズ・リハビリ方法 

2017.06.30 脳卒中

上手なステッピング戦略!! 片麻痺 入院中 退院後のエクササイズ・リハビリ方法 

 

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

 

 

 

時計ステッピング

 

 

これはバランス、特に踏み出しの練習であり、転倒予防に大変役立ちます。麻痺側の足を正面に向け(12時の方向)、非麻痺側を色々な方向(色々な時刻の方向)に踏み出す運動です。

 

バランスは基本的に足関節、股関節で倒れないよう制御しますが、その2つでも耐えられない程度の動揺が生じたとき、足を踏み出すことにより転倒を回避する「踏み出し戦略(ステッピングストラテジー)」が生じます。

 

これは無意識的に行うものであり、無意識的に行うためには身体が自由に動けるように練習しておく必要があります。

 

 

【運動のポイント】

①立位で床に大きな時計があることを想定します。麻痺側は正面(12時)の方向を向け、軸足とします。

 

②非麻痺側を1時、2時、3時…と踏み変えていきます。転倒しない範囲で、可能であれば5時か6時の方向まで踏み変えてみてください。身体の向きも変えながら行うとスムーズに動けます。

 

③行える範囲まで行ったらもとに(12時の方向)に戻ります。

 

④2セット目は麻痺側の重心を踵よりにして、踵でバランスをとる練習をしながら同様に行います。

 

⑤3セット目は麻痺側の重心をつま先寄りにしてつま先で重心を取りながら同様に行います。

 

*バランスを崩しやすいので、不安定であれば背後に介助者をつけ転倒時に支えてもらってください。

 

 

 

👉足の自主トレ一覧

 

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み