ページトップへもどる

HOME > 脳卒中 > 自主トレ・自主訓練 > 呼吸を使った体幹の自主トレーニングと回旋運動1 【脳卒中(脳梗塞)片麻痺 柔軟性改善】

2017.02.08 脳卒中

呼吸を使った体幹の自主トレーニングと回旋運動1 【脳卒中(脳梗塞)片麻痺 柔軟性改善】

 

 

 

 

 

自主トレ ポイント

 

回数を重要視される方がいますが、運動の質を重要視する事が脳卒中の方には特に重要です。

 

実施する前にご自身の姿勢がどのような姿勢や状態になっているのかに意識を向けるようにしてください.

 

トレーニング前におけるポイント

 

・安定した椅子を使用するようにしてください.

 

・背もたれには寄りかからず,自身で背筋を伸ばすよう意識してください.

 

・上記姿勢の状態でしっかり深呼吸をしてみてください.

 

・呼吸を大きく吸う際には肋骨や背骨が伸びます.

 

・呼吸を大きくゆっくり吐く際にはお腹の筋肉がお臍の奥に入り込んでいくようになります.

 

・上記2つを意識しながら数回実施してください.

 

・負担なく深呼吸をリラックスして行えれば,強張った筋肉も緩みやすくなります.

 

 

 

 

上記を実施し,体が少しずつ緩んできたらトレーニングに移っていきます.

トレーニングにおけるポイント

 

・両手を組みます(麻痺の影響で組めない場合は手首周囲を掴んでも構いません).

 

・組んだ状態で手の甲が自分に向くようにしながら胸の前に向かって腕を伸ばしていきます.

 

・伸ばしていく際に呼吸をゆっくりと吸いながら伸ばし,腕を戻していく際にはゆっくり息を吸いながら元の姿勢に戻ります.

 

・胸の前だけでなく,上下や左右方向に向かって伸ばして頂くと効果的です.

※麻痺や筋肉の状態によっては,伸ばす方向によって痛みが出やすい場合もありますので,少しでも痛みがある or 出そうな場合は実施しないでください

 

 

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み