ページトップへもどる

HOME > 脳卒中 > リハビリ概要 > 脳卒中後の回復のために必要な方程式!?

2017.12.08 脳卒中

脳卒中後の回復のために必要な方程式!?

 

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

 

 

脳卒中回復の方程式とは?

 

 

今回の記事は脳卒中回復の公式について書きたいと思います。その公式とは、

 

脳卒中回復=神経可塑性+反復+一貫性

 

ひとつひとつを見ていきましょう。

 

神経可塑性

 

 

脳は100兆ほどの神経細胞によって出来ています。それらの神経は手足を動かしたり、問題解決を図ったりと機能は様々です。脳卒中が起こるとその神経回路に問題が生じるため、手足の運動ができず、考えることができなくなります。この損傷した部位を補うのが神経可塑性と呼ばれるものです。可塑性によって、損傷された神経が再接続され再び手足を動かしたり、思考をめぐらしたりすることができるようになるのです。

 

反復

 

 

神経可塑性のために必要なことはなにか?

それは反復練習です。新しく神経回路がつなぐためには改善したい動作を反復する必要があります。反復すればするほど、動きはよくなっていくのです。

 

一貫性

 

 

脳卒中からの回復のために必要なもうひとつのことは一貫性です。

同じことを反復する。もしあなたがリハビリで練習メニューをもらっていたら、それをひたすら繰り返すのです。そうすれば治療効果は必ずついてくるでしょう。

 

療法士からのコメント

繰り返しになってしまいますが、練習を反復するということは非常に大事です。同じことを続けることは苦痛が伴いますが、周囲の方や訪問セラピストなどと協力して練習を続けていただければと思います。

 

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み