ページトップへもどる

HOME > 脳卒中 > リハビリ概要 > 座ってばかりの生活に警告!!忍び寄る脳卒中の危険性

2018.09.24 脳卒中

座ってばかりの生活に警告!!忍び寄る脳卒中の危険性

 

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

 

 

座ってばかりの生活に警告!!

 

 

立ったり歩いたりせずに長い時間座って過ごすことは健康に悪いと言われています。長時間動かずに座っているとどのような事が起こるのでしょうか?

 

本記事では、長い時間動かずに座って過ごすことがどのように脳卒中や他の慢性疾患のリスクを高めてしまうのかを学びます。

 

座位生活と脳卒中の関係に関する研究報告

 

 

海外の研究によると1日4時間以上テレビを見る成人(4時間以上座っていることを意味する)は、脳卒中のリスクを2倍にし、死亡リスクが52%高まることが示されています。そのような生活習慣は、脳卒中に深くかかわる肥満・糖尿病および心臓病などのリスクを増加させてしまいます。

 

なぜ悪い?背景にある科学

 

長い時間動かずに座って過ごすと、筋肉が不活動になり、脂肪燃焼が減少し、血流がより遅く流れが悪くなります。これらは、脳卒中の危険因子である心臓病や高血圧のリスクを増加させます。脳卒中は脳の動脈が詰まったり破裂したりすることで引き起こされるため、脳卒中を予防するのに心血管系の健康を維持することが大切です。

 

座ってできる対策とは?

 

 

何故、座位生活が健康に悪いのかを知ったので、それを正す方法について話します。オフィスで座って仕事をすることが多い方は、定期的に立って歩いたり、体を動かしてみて下さい。身体が思うように動かない事で仕方なく座って過ごされている方は、座った姿勢で上半身の体操を行ったり、座ってできる下肢運動を行ってみましょう。足元に置けるタイプのエアロバイクも比較的安価であります。是非試してみましょう。

 

 

療法士からのコメント

身体能力的に動きたくても転ぶ可能性があり、動けないという方も多いと思います。しかし、座ったままもしくは手すりなど使用して環境次第で出来る事もたくさんあります。療法士に相談して、自分に合った自主練習を立案してもらいましょう。

 

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み