ページトップへもどる

HOME > パーキンソン病 > 病態の理解 > 2~3倍入院が長期化する?パーキンソン病によって 術後の回復に差が出るの?

2017.10.25 パーキンソン病

2~3倍入院が長期化する?パーキンソン病によって 術後の回復に差が出るの?

 

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

 

 

パーキンソン病によって術後の回復過程は変化するの?

 

 

一般的にパーキンソン病を患っている方は、同年齢のパーキンソン病を患っていない方よりも同じ病気としても長期間入院する可能性が高いです。パーキンソン病の治療薬や鎮痛薬を適切に賢明に使用し、覚醒低下の防止に注意を払うなどの予防措置を取る事で入院期間を短縮できる可能性があります。

 

 

回復期間も一般的にパーキンソン病患者の方のほうが長くなります。医師は、手術や手術から回復するまでにどれくらいの期間がかかるかを予測します。例えば、手術後、経験に則って「正常に戻るまでに6週間かかりますよ」と誰かに伝えるかもしれません。しかし、パーキンソン病を患っている方は回復するために、それよりも2〜3倍長い時間がかかる可能性があります。

 

長い期間の回復が必要となりますが心配するものではありません。単に焦らずそのように計画し回復していく必要があります。

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み