ページトップへもどる

HOME > パーキンソン病 > 病態の理解 > タンパク質がレボドパ製剤(L-dopa)の効果を弱める!?ーパーキンソン病の治療ー

2017.10.12 パーキンソン病

タンパク質がレボドパ製剤(L-dopa)の効果を弱める!?ーパーキンソン病の治療ー

 

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

 

 

タンパク質がレボドパ製剤の効果を弱める!?

 

抗パーキンソン治療薬であるレボドパ製剤を服用している場合は、タンパク質の摂取について見直す必要があります。

 

レボドパ(L-dopa)とタンパク質は共にアミノ酸のため、レボドパは競合して脳に届きづらくなり効果を弱めてしまうようです。

 

食事の方法は簡単で、タンパク質を摂取する時間を早い時間から遅い時間に移すだけです。

 

タンパク質が多い食事の後にレボドパを服用される場合は、レボドパが上手く働かずに運動機能やその他の症状に悩まされる可能性があります。

 

タンパク質を摂取することは他の健康問題から考えても大切です。そのため、活動量の少ない夕方~夜に摂取し、日中は体が動きやすいようにタンパク質を出来る限り控えた方が良いかもしれません。

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み