ページトップへもどる

HOME > パーキンソン病 > 病態の理解 > 抗コリン作動薬は何に働くのか? パーキンソン病の治療の仕組み2

2017.07.10 パーキンソン病

抗コリン作動薬は何に働くのか? パーキンソン病の治療の仕組み2

 

 

 

パーキンソン病では何が起きているのか?

 

 パーキンソニズムの症状が現れる場合、必ずドーパミン作動系の問題を伴っており、パーキンソン病においては、黒質および基底核の問題です。以前述べたように、黒質は脳の深部に位置する非常に小さな領域です。

 

 

 黒質はドーパミン産生細胞で満たされており、そこで産生されたドーパミンを脳内の基底核や他の部位に届けています。運動制御のためのこの経路は、黒質および線条体の両方を含むので、黒質線条体路(図)と呼ばれます。

黒質が損傷してドーパミン細胞が機能不全になったとき、尾状部および被核(線条体)へのドーパミン供給が徐々に減少し、一般に黒質の細胞の約50%損傷すると、最終的にパーキンソン病の症状が出現します。

 

 

 線条体や他の運動中枢にドーパミンを中継した伝達が混乱すると、神経伝達物質の繊細なシステムのバランスが崩れ、パーキンソン病の運動症状が生じます。パーキンソン病の症状はドーパミン欠乏状態だけではありません。

 

あまり目立たない二次的な神経伝達物質や脳全体の細胞変化も症状を引き起こすかもしれません。パーキンソン病では、脳内の他の小さな核(例えば、迷走神経背側運動核や青斑核)も変性の影響を受けます。ノルエピネフリンやセロトニンなどの他の伝達物質の脳濃度も変化することがわかっています。

 

 

薬物療法はどのように機能しますか?

 

 具体的な薬物療法の詳細については今後、議論していきます。ここでは、脳内の正常な機能はどのようなものか、パーキンソン病ではどのように影響を受けるかについて、考えながらこれらの薬物療法の仕組みを説明することに集中していきます。

 

 

抗コリン作用薬

 

1817年のJames Parkinsonによるパーキンソン病の最初の記述に続いて、効果的な治療法を見つける努力が始まっています。 1860年から1870年の間に、有名なフランス人神経科医Jean-Martin Charcotの診療所でパーキンソン病の治療のためにベラドンナ・アルカロイド(現在は抗コリン作用薬として知られています)が導入されました。

 

ベラドンナ・アルカロイドは、「shaking palsy (振戦麻痺)」を含む多くの障害に対して有効であることが判明しました。抗コリン薬はもともとハーブベラドンナから開発されました。ベルラドンナは危険かもしれませんが、ヨーロッパの王室裁判所の女性が、瞳をより大きくすることがより美しいと考えられており、広く使用されていました。

医者は、ベラドンナを使用している人たちの口が乾燥していることに気づき、パーキンソン病患者のうつ病を制御するためにベラドンナを処方し始めました。しかし、すぐにその薬は振戦も減少させることを発見しました。

 

抗コリン作用薬は、脳内の最も一般的な神経伝達物質の一つであるアセチルコリンに作用します。ドーパミンの作用と基底核におけるアセチルコリンの作用との間のバランスの崩壊は、パーキンソン病の臨床症状に関与しています。

 

ベラドンナ・アルカロイドはコリン作動性の活性を低下させ、脳内のドーパミンとアセチルコリンとのバランスを回復させるのに役立ちます。

 

パーキンソン病はドーパミンを枯渇させ、脳内の複雑な回路や筋肉への信号とその制御回路において、コリン作動系が通常より過剰な働きをします。抗コリン作用薬がコリン作動系を遮断すると、2つのシステムのバランスを再確立することができます。

 

 

 パーキンソン病の治療に抗コリン作用薬を使用する主な利点は、安静時振戦を減少させることです。これらの薬剤には大きな副作用がありますが、低用量から慎重に管理することによって、多くの患者にとって有益であることがわかっています。高齢者、特に既存の思考や記憶障害(認知機能障害)を持つ人たちの使用は、ほぼ禁忌です。

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み