ページトップへもどる

HOME > パーキンソン病 > 病態の理解 > パーキンソン病は適切な管理が大切!症状と治療法の実際について

2019.05.20 パーキンソン病

パーキンソン病は適切な管理が大切!症状と治療法の実際について

 

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

 

 

パーキンソン病は適切な管理が大切!症状と治療法の実際について

 

 

パーキンソン病は中枢神経系の進行性の疾患であり、筋肉の制御・運動および心身のバランスが影響を受けます。パーキンソン病では、ドーパミン放出を担う黒質細胞は破壊されているか、または機能不全です。 これはアセチルコリンとのバランスを保つために利用可能なドーパミン量の大きな損失を引き起こします。 その結果、振戦・固縮および関節の症状・姿勢の不安定性・鈍い動き・うつ病・めまい・睡眠障害・性的不能・嚥下困難および発話の問題を生じます。

 

これらの神経細胞の喪失を完全に止める方法はありませんが、一般的には薬物療法および運動療法を用いて、これらの細胞の進行を遅らせようとする介入があります。

 

「パーキンソン病の症状」

 

パーキンソン病は、ほとんどの患者に典型的な症状および徴候を示します。しかし、症状が軽微であると考えられるため、初期段階でパーキンソン病を診断することは困難です。そのような診断を確認するためにMRIを行います。

 

知覚可能な症状

・振戦:特に安静時に手を震えてしまう

・動作緩慢:筋肉への指令が不良で、仕事・動作を始めるのが難しくなる

・体の安定性とコントロールの低下:歩きにくさを生じる

・尿の問題と便秘

・睡眠の問題

・ぎこちない会話

医療従事者は、進行した段階で通常見られる顕著な症状の評価に基づいて診断を行います。病気の発症は個人によって異なります。診断後、治療は症状の管理、機能の改善、より高い生活の質の維持に役立ちます。

 

Sinemet(カルビドーパ/レボドパ)は、ドーパミンを置換することによってパーキンソン病の症状をコントロールする唯一の薬です。ほとんどの患者は、数年間病気をコントロールするためにそれを使用することができます。医師は、高用量は重篤な副作用を有するため、最初は低用量を処方することを好みます。血液に吸収され、脳に運ばれます。タンパク質が豊富な食品には、シネメットと脳内に入るために競合する物質が含まれていることがよくあります。医師と食事の相談をする必要があります。

 

パーママックスはドーパミンの作用の代用として作用し、ジスキネジーの可能性を低下させるか、または随意運動の障害により断片化された動きが生じます。Symmetrel(塩酸アマンタジン)、Artane(トリヘキシフェニジルHCl)、およびCogentin(ベンズトロピンメシレート)は、保存されたドーパミンを放出するように神経細胞を促進し、パーキンソン病の初期段階の場合に有用です。

 

「運動療法」

 

パーキンソン病の治療では、正常な筋肉のコンディションを維持することが重要です。投薬の利点を最大限に生かすために、毎日の運動や活動が最適な治療法です。

 

基本的な演習:

・つま先を持ち上げて足を出し歩きます。

・方向転換時、転倒を防ぐために足を10インチ広げます。

・身体を速く大きく用いる練習も取り入れてください。

・歩いている間、腕を自由に振ることで、疲労を減らします。

・片側への体の曲がりを減らすために、重さのあるバッグを持ち歩きます。

・毎日自身にとって難しい作業を繰り返してください。数日後には簡単になるでしょう。

・腕を上げ、空に向かってできるだけ伸びます。

・鏡の前で顔・口を作りながら歌を歌います。

・よく食べ物を噛んで口の中で食べ物を動かします。

・適切な睡眠(質、持続時間 、パターン)は、パーキンソン病の症状を軽減するのにも役立ちます。パーキンソン病の振戦は、睡眠後すぐに消えます。

 

パーキンソン病の正確かつ早期の診断は、適切な管理のために不可欠ですが、誤診はほとんどの患者が直面する非常に一般的な問題です。生物医学界は、パーキンソン病の神経病原性を特定の経路にマッピングしていないが、研究が進行中であり、さらなる治療法が検討されている。パーキンソン病の進行は、患者内の相違を示す。したがって、治療は個別化されなければならない。基本的な物理療法と教育と支援のリソースは、患者を助け、抗パーキンソン病薬の肯定的な効果を増強します。

 

 

療法士からのコメント

パーキンソン病と診断された日から、日々の運動は欠かせません。多くの運動療法(自主トレ)を脳リハ.comでは提示しておりますので是非ご活用ください。

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み