ページトップへもどる

HOME > パーキンソン病 > 病態の理解 > 危険!! 4つのパーキンソン病 初期症状:なりやすい性格・無気力など

2017.01.30 パーキンソン病

危険!! 4つのパーキンソン病 初期症状:なりやすい性格・無気力など

 

 

無関心・無気力(アパシー)

 パーキンソン病の人たちの中には新しいことをはじめたり、ずっとやってきたことに対して追及する意欲を失ったりして、社会的な交流を持たなくなる人がいるかもしれません。 無関心・無気力はうつ病と関連しているかもしれませんし、認知症を発症する兆候かもしれません。 残念なことに現在の薬は、無関心・無気力の治療にはそれほど効果的ではありません。

 

病的疲労

 病的疲労は、病気の初期段階で起こり得るパーキンソン病とは別の一般的な症状です。 病的疲労は、無関心、うつ病、過度の眠気などとは区別する必要があります。これらの症状(特に眠気)は、疾患に起因する場合もあれば、特定の治療の合併症である場合もあります。 パーキンソン病の治療によって病的疲労が改善することがありますが、しばしば持続してしまいます。現在も治療法は模索中です。

 

「パーキンソン病になる人の性格」があるのか?

 パーキンソン病に性格が関係するかどうかについてはかなり多くの議論があります。非常に仮説的であれば、この質問はとても興味深いものです。この質問において本当に関心が向けられていることは、パーキンソン病の潜伏期間が長いか短いかということです。

 

 一般的な説明では、パーキンソン病の人たちは、非常に厳格で規則を遵守し、喫煙も飲酒もせず、特に社会的な慣習には堅苦しい傾向がある。これは、明らかに非常に複雑な問題を過度に単純化しています。

 

パーキンソン病を有する多くの人たちは、これらの特徴を全く示しません。しかし、症状が現れる前に、性格特性のいくつかの組み合わせがパーキンソン病の潜伏期間と関連しているのではないのでしょうか?

 

 特徴的なパーキンソン病の傾向がある場合、おそらく病気の過程で何年もの間、病気の顕著な兆候が出る前に行動に影響を与えます。

 

陽電子放射断層撮影法(PET)および単一光子放出コンピュータ断層撮影法(SPECT)などの特殊なイメージングシステムを使用した最近の科学的調査では、パーキンソン病に起因すると思われる明らかな症状を感じたり、経験したりする前に、前駆症状が存在し、約5年もしくはそれ以前から病状が進行していることが示唆されています。

 

研究者が最終的にパーキンソン病の進行を予防または遅らせるための薬物を開発するためには、病気の症状発現前の(前駆症状を有する)人を同定する方法が非常に重要視されています。

 

早期診断は難しい

 パーキンソン病の確定診断は臨床検査や放射線検査を利用してもできないため、診断は医師の臨床判断に基づいて行われなければなりません。つまり、徹底した身体診察と手がかりとなる病歴の所見を組み合わせて行われます。

 

たとえ、ドーパミントランスポータースキャン(SPECT)の技術が出現しても変わりありませんでした。パーキンソン病は深刻な病気であり、その治療法には投薬に関する重大な選択が含まれているため、医師がパーキンソン病の診断を急ぐことはありません。

 

初期症状は非常に微妙であり、見過ごされたり、他の医学的な問題と誤解される可能性があるため、早期の確定診断は困難です。

パーキンソン病を他の病気と区別する唯一の方法は、典型的なパーキンソン徴候が悪化するかどうかを待つだけです。

 

 実際、パーキンソン病のような深刻な神経学的疾患がはっきりしないときは、36ヶ月後に再受診してもらうように患者に依頼することが多く、微妙な徴候が進行しているかどうか、新しい兆候が現れていないか、またはパーキンソン病の特徴的な徴候や症状が出現していないか、など再度診察します。

 

患者は、この延期期間に対して当然のことながら不満を抱きますが、多くの場合はこれが正確に診断する唯一の方法です。この場合、SPECTスキャンの有用性について疑問が生じますが、SPECTスキャンではパーキンソン病を診断することができません。

 

SPECTスキャンは、ドーパミン系の検出可能な変化があるかどうかを判断できますが、変化が見られてもパーキンソン病の診断は確実ではありません。

 

 パーキンソン病を診断する医師は、神経学的診断の専門知識を有するはずです。パーキンソン病のような症状がある場合、まずは、運動障害の診断と管理の専門家である神経科医に相談してください。運動障害研究センターの運動障害専門医や神経科医は、おかしな動きによる問題を抱えている人たちの診断と治療に対して特別な訓練を受けています。

 

 通常であれば、パーキンソン病症状の重症度が増すにつれて、確定診断をしやすく、患者が機能を維持するための投薬を処方することができます。このサイトでは、この段階のパーキンソン病を中等度パーキンソン病と呼びます。

 

 

 

病態理解の記事一覧はこちら

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み