ページトップへもどる

HOME > パーキンソン病 > 生活アイデア > 厳選8種!!楽に洋服を着れて、更衣動作をスムーズに!! パーキンソン病 アイデア

2017.06.09 パーキンソン病

厳選8種!!楽に洋服を着れて、更衣動作をスムーズに!! パーキンソン病 アイデア

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

 

 

はじめに

 

・今回は、『更衣動作:衣服の着脱』に関するポイントや補助具のアドバイスをさせて頂きます。

 

服の着脱のアドバイス

 

・服を着る際は、より弱い手足又は体の硬い側から着ていきます。 服を脱ぐ際は、より丈夫な方から衣服を脱いでください。

 

・服の着脱で上衣の場合、背幅とアームホールの大きさが着やすさや脱ぎやすさに影響することが多いので、服選びのポイントにしましょう。

 

・シャツやブラウスを脱ぐ時は、衣服のボタンを外し、肩(腕)から抜いていきます。 背中側に手を伸ばし、衣服を頭の方へ引き、頭を抜いていきます。

 

・鏡の前で服を着ましょう。 袖を見つけ、ボタンとボタンホールを合わせるのに役立ちます。

 

・混乱、困惑しやすい方には、常に慣れた同じタイプ(同じ組み合わせ)の服を準備してあげましょう。

 

留め具の交換:ベルクロ・マジックテープ

 

・服のボタンや留め具を交換し、ベルクロやマジックテープを縫い合わせましょう。 ボタンホールを縫い合わせ、その上にボタンを縫うことで見た目は変わらなくなります。

 

弾性糸でゆとりを

 

・弾性糸(ゴムのように伸縮性がある糸)でボタンを縫います。ボタンの穴が小さい場合は、ボタンを動かして、開口部を大きくしましょう。弾性糸は通常よりも伸び、ゆとりを与えてくれます。

 

ボタンエイドの使用

 

・ボタンエイドは小さなボタンを留めるのに便利です。

 

ドレッシングハンド・リーチャー

 

・ドレッシングハンド(リーチャー)は、服や物を引き寄せたり(床に落ちてしまった時なども)、靴下の上げ下げの操作をしたり、服とは関係なくカーテンの開け閉めに使ったりと様々な用途で使えます。

 

ループを使用し下衣の操作

 

・ズボンの内側にループを取り付けましょう。そうすることで、ループを持ってズボンの上げ下げを行いやすくなります。

 

サスペンダーの使用

 

・サスペンダーを使用してみましょう。ズボンを緩ませておき、サスペンダーを肩に掛けズボンが落ちないように支えます。サスペンダーを肩から外すとズボンが自然と下ります。サスペンダーでズボンを引き上げられます。

 

 

👉生活アイデア一覧

 

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み