ページトップへもどる

HOME > パーキンソン病 > 生活アイデア > 9のアイデアで楽に歩ける浴室と洗面所の改修! パーキンソン病の生活アイデア

2017.05.30 パーキンソン病

9のアイデアで楽に歩ける浴室と洗面所の改修! パーキンソン病の生活アイデア

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

 

 

はじめに

 

・今回は、洗面所や浴室における生活アイデアをお伝えします。

 

ドアを工夫し開閉を楽にしよう

 

・洗面所へアクセスするドアノブを操作しなくて済むようにラッチボルト部分にテープを貼り、ロックがかからないようにします。

 

ドアを外し、カーテンへ変更しましょう

 

・洗面所への出入口が狭すぎる場合は、ドアを取り外し、突っ張り棒を使用しカーテンへ変更します。

 

拡大鏡付き卓上ミラー/タイル式の鏡

 

・卓上ミラーは様々な場所に置くことが出来、拡大鏡も付いておりメイクや髭剃りなどに最適です。また、タイル式の鏡は好きな場所・高さで壁に貼ることが出来便利です。

 

洗面所の蛇口をキッチン蛇口へ変更

 

・洗面所の水道の蛇口をキッチン蛇口へ変更を検討しましょう。水の扱いがより簡単になります。キッチン蛇口は長く伸ばす事も出来ます。

 

自動水栓

 

・自動的、触れずに水をオン/オフできる自動水栓を設置してください。センサー方式により手を差し出すと水が出て、手を遠ざけると水が止まります。

 

シャワーチェアの購入

 

・入浴やシャワーの際に座ることができるようにシャワーチェアを購入しましょう。これは、浴室での滑り・転倒のリスクを軽減します。折り畳む事もできます。

 

シャワーヘッドと延長ホース

 

・持ちやすく使いやすいシャワーヘッド、延長ホースを購入することを検討してください。手持ち式のシャワーノズルは滑りやすく、つかみにくい場合があります。 ノズルのハンドル部分の周りにゴムバンドを巻くとより安定して持つことが出来ます。

 

バスリフト/バスボード

 

・バスリフトはリモコン操作で、自動で浴槽に浸かれます。一人で浴槽内から立ち上がれない、浴槽をまたげない、足腰を曲げるのが辛いなどの方にとても便利です。

 

・バスボードは、座ったまま浴槽をまたぐことが出来、またぎ動作が大変な方に便利です。

 

補高便座

 

・補高便座は便座を高くすることで、立ち上がりが楽になります。電動式で、座位が上下して立ち座りをサポートするタイプもあります。欠点は、便座が高くなりすぎて家族と共有できなくなる場合があります。補高便座を置いたままにすると、ふたを閉じられなくなります。

 

 

👉生活アイデア一覧

 

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み