ページトップへもどる

HOME > News > 健康・心理 > 強迫性神経症(強迫観念)の原因と対策を3つの視点から整理する

2017.09.15

強迫性神経症(強迫観念)の原因と対策を3つの視点から整理する

 

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

 

 

強迫神経症って何?

 

 

強迫神経症(OCD)は、不安を緩和することを目的とした心配および反復行動(強制)をもたらす侵入的思考(強迫観念)によって特徴付けられる不安障害です。私たちのほとんどは、ストーブを消したことを確認するために家に戻った経験が一度はあるかもしれません。OCDに苦しんでいる人々は、より頻繁にこれらの経験に遭遇しています。

 

 

 

 

強迫神経症の原因は?

 

 

OCDの正確な原因は完全には解明されていませんが、研究者らは遺伝学的要因と環境要因の組み合わせに起因すると考えています。遺伝学的研究は、セロトニントランスポーター遺伝子の特定の突然変異をOCDの発現に関連づけています。一卵性双生児に関する研究の追加データがこれらの結果を裏付けています。

 


しかし、遺伝学はOCD発症リスクの40〜65%しか占めておらず、環境要因もこの疾患の発現に役割を果たすことを示しています。報告書によれば、疫病感染、不安、情緒不安定、うつ病、手書きの困難、行動的攻撃、対立的行動など、さまざまな環境リスク要因の可能性が示唆されています。

 


脳の物理的構造の差異もまた、OCD患者の顕著な要因です。実際、神経イメージング技術は、これらの患者の脳における構造的および容積的異常を明らかにしています。すなわち、OCDを患っている人は、ある領域では脳内の灰白質のパターン化された増加を有し、他の研究では、脳における潜在的な化学的不均衡が疾患の症状につながる役割について検討されています。

 

分子の観点から、神経伝達物質の調節不全が、OCD症状の発現において重要な役割を果たすことも示されています。より具体的には、神経伝達物質のセロトニンおよびドーパミンがOCDの病態生理に関連していることが報告されています。科学者らは、OCD患者は、前頭前野皮質におけるドーパミンの増加および基底核におけるセロトニンの減少を経験し得ることを示しています。

 


Clomipramine(Anafranil)、Zluvoxamine(Luvox)、Fluoxetine(Prozac)、Paroxetine(Paxil、Pexeva)、Sertraline(Zoloft)などの障害管理のために現在使用されている医薬品は、特に脳におけるこれらの神経伝達物質レベルの調節に重点を置いています。選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)は成人およびそれらを服用する子供の3分の2でOCDの症状を減少させます。

 

 

薬物の副作用は何?

 

 

 


OCD症状の治療には多数の薬が利用可能ですが、独自のリスクが伴います。他の心理的障害と同様に、使用する調停の選択はしばしば試行錯誤の結果であり、薬物相互作用を注意深く考慮する必要があります。さらに、副作用には、胃の不調、睡眠障害、発汗、性欲の低下が含まれます。 OCDの原因と分子メカニズムについてのさらなる研究が、最終的には、疾患症状を治療するための、より有効で安全な薬物につながることが期待されています。

 

 

 

 

Reference

 

・Danielle C. Cath et al:Environmental Factors in Obsessive-Compulsive Behavior: Evidence from Discordant and Concordant Monozygotic Twins .Behavior GeneticsMarch 2008, Volume 38, Issue 2, pp 108–120

 

・Harsányi A et al: New approach to obsessive-compulsive disorder: dopaminergic theories. Psychiatria Hungarica : A Magyar Pszichiatriai Tarsasag tudomanyos folyoirata, 2007, 22 (4), 248-58

 

・Kim CH et al : Dopamine transporter density in the basal ganglia in obsessive-compulsive disorder, measured with IPT SPECT before and after treatment with serotonin reuptake inhibitors. Neuropsychobiology, 2007, 55 (3-4), 156-62

 

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み