ページトップへもどる

HOME > News > 健康・心理 > パーキンソン病の新たな治療:大麻(マリファナ)の活用

2017.02.15

パーキンソン病の新たな治療:大麻(マリファナ)の活用

 

Facebook メルマガ登録にて定期的に最新情報を受け取れます。

FBいいね メルマガ登録

 

 

 

パーキンソン病は、日本や米国で最も一般的な神経学的疾患の1つです。振戦、固縮、姿勢の不安定さ、バランスと協調の障害を引き起こす可能性があります。しかし、最近の知見では、大麻で症状が改善する可能性があることが示唆されています。

 

このレビューはニューヨークのニューヨーク州のトーロ・カレッジ・オブ・ファーマシー(Touro College of Pharmacy)のZvi Loewy教授によって発表されました。科学者は、大麻は、HIV /エイズ、緑内障、慢性疼痛、発作、悪液質および多発性硬化症などの癌症状を治療するために、米国の多くの州で承認されていることからパーキンソン病への応用を考えました。

 

テトラヒドロカンナビノール(THC)と呼ばれる大麻中の活性成分は、神経細胞のβ-アミロイドレベルを低下させます。これはアルツハイマー病の特徴であるタンパク質です。

 

時間が経つにつれてパーキンソン病は進行し、脳内でドーパミンの産生が減少すると生じます。ドーパミンは、運動、認知および心理的機能において重要な役割を果たす神経伝達物質です。現在、病気の治癒方法はありません。

 

研究では、大麻に含まれるエンドカンナビノイドがパーキンソン病において重要な役割を果たすことを示していると述べています。

 

大麻中のカンナビノイド化合物は、ドーパミン受容体に結合し、脳内のドーパミンの減少効果を低下させたそうです。

 

「本質的に、この化合物は、パーキンソン病によって悪影響を受ける正常な化合物に取って代わります」とロウエイ教授は述べています。また、パーキンソン病に伴う身体の痛みの軽減にも大きな役割を持ったようです。

 

 

彼らは、パーキンソン病を治療するためのより安全な薬物の必要性があると述べています。「マリファナが現在のパーキンソン病の治療に実行可能な選択肢を提供するかもしれない」と付け加えています。

 

考慮すべきリスクがあります。現在の研究では、記憶喪失、骨粗鬆症リスクの増大、血管機能の障害など、大麻を使用する際のいくつかの欠点が明らかになっています。

 

この最新の研究の研究者は、「カンナビノイドの有効性、安全性、薬物動態、および相互作用に関するより多くのデータを提供するためにさらなる研究が必要である」と結論づけています。

 

編集部コメント

大麻は米国ではMedical Marijuana(医療用大麻)という認識で、様々な州で使用が認められています。しかし、日本では認められておらず活用は難しいことが示唆されます。しかし、大麻そのものではなく、いくつかの成分を薬物に応用させていく可能性はあるかもしれません。

Reference

The review was led by Prof. Zvi Loewy, from the Touro College of Pharmacy in New York, NY. It is published in the journal Parkinson’s Disease.

 

 

Previous Post Next Post

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。
今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

脳リハ.comの記事は各ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

FOLLOW US

脳リハ.comの記事は各種ソーシャルメディアでも配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

POPULAR POSTS

CATEGORY

脳卒中

パーキンソン病

脳科学Topic

News

RECENT ENTRIES

Copyright © 2016 脳リハ.com Rights Reserved.

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み